シドニー2

ちょっと間が空いてしまいましたが、先日書いたブログの続きです。

日本に生まれて良かったのか?

途中までしか書けなかったので、ちゃんと完結させます。

僕は、日本は良い国だとは思いますが、「最高の国だ!」とまでは思いませんね。

・経済が低迷、人口も減少していて、未来に希望が持てない
・同調圧力が強くて、異質のものを認めない
・人々はネガティブシンキングに陥りやすく、何かをやろうとしている人の足を引っ張りがち
・(都会は)人が多くてストレスが多い
・労働の自由度、柔軟性がない

といったところは、日本の良くないところだと思います。

ただ、どの国にも一長一短があるので、「この国が全てのベスト」というのはありえないと思います。

僕自身は、ブラジル、メキシコ、タイなんかは好きな国です。
人々が楽観的だし、細かいこと気にしないし、気候も良いです。
ただ、これらの国に生まれるのが良かったかと言うと、そうは思いません。
日本と比べると、政治が不安定で、治安も良くないし、インフラも未整備だし、利便性も良くないです。

必ずしも、文明が発達している国が幸せとは限らないけど、生まれるならやっぱり先進国が良いと思います。

では、どこに生まれるのが良いかと言うと・・・

まずは、オーストラリアです。
国土の割に人口も少なく、資源が豊かです。
労働時間も少ない割には生活にゆとりがあります。
気候も良いし、治安も悪くない。
政治も安定しているし、文明も発達しています。
あまり独自の文化が成熟してないのが難点ではありますが。

他には、ニュージーランドですね。
理由はオーストラリアと同様です。
オーストラリアと比べると、発展度が低く、気候も寒めですけど、良い所だと思います。

他には、カナダですね。
ここも寒いですが、アメリカ合衆国と比べると平和だし、落ち着いています。

上記の三国は英語圏ですが、英語ネイティブで育っておけば、海外での仕事や居住が容易になります。
アメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリス、シンガポール、香港、インド、フィリピン当たりでは言葉の支障がなく住めますから、副次的なメリットが大きいですね。

非英語圏はどうかと言うと・・・

幸福度ランキングの上位を占める北欧諸国も良いかと思いますが、寒いのと、冬の日照時間が少ないのが難ですね。

ヨーロッパであれば、ドイツが良いと思います。
いま、ドイツは日本に次ぐ世界4位の経済大国だし、EUの実質リーダー国として君臨しています。
この辺は、エマヌエル・トッドの下記の本を参考にしてください。

人々の生活は落ち着いていて、時間の余裕もあります。
特に、労働者の休暇が長いのが良いですね。
労働時間が少ない割に、文明は発達している。

でも、いろいろ考えたところで、このくらいしか思いつきません。

シンガポールは、いまや日本を凌ぐ、アジアの経済拠点になっていますが、規制も強いし、国土が狭すぎるし、この国に生まれたかったとは思いませんね。
中国も、最近は経済成長は著しいけど、人間の成熟度や貧富の差や公害等を考えると、中国人に生まれたかったとは思いません・・・

いろいろ考えてみると、日本で生まれたことは、自分が日本人だからということは除いても、そんなに悪くはないかも・・・と思います。

シドニー1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください