先々週の話になりますけど、東京出張中に『翔んで埼玉』を観ました。

翔んで埼玉

かなり面白かったですよ。

観た人の評価はかなり高いのですが、「荒唐無稽」、「バカバカしい」という意見も多数出てました(必ずしも批判的な意見として出されているわけではないですが)。

僕としては、「表面的には荒唐無稽でバカバカしいように見えるが、かなり人間の本質を突いているな」と思いました。
深く考えて作られている作品だと思います。

今年のアカデミー賞は、人種差別、特に黒人差別を扱った作品が多く受賞して話題になりました。
今更感はあるけど、アカデミー賞って、これまで白人至上主義的な要素が強かったんですよね。
トランプ政権の反動もあるんだろうけど、やっと人種問題に対して真正面から向き合うようになったんですね。

一方で、日本映画は人種差別を扱った映画はあまりないですね。
韓国・朝鮮人差別を扱ったものはあるにはありますが、ヒット作品はそんなにないと思います。

「日本は人種差別が少ない国だ」というのは事実だと思います。
ただ、ほぼ単一民族で、日本国内には大和民族を脅かす他民族の勢力がないからだと思うんですよね。

ネトウヨの中には「日本企業は在日韓国人・朝鮮人が支配している!」みたいなこと言う人もいますけど、実態はそんなことはありません。
もちろん、経営陣が在日韓国人・朝鮮人の企業はありますが、だからといって、日本社会に脅威になるほどだとは思いませんねえ。

僕は関西に住んでいたこともありますが、関西は部落差別、韓国人差別が残っています。
大阪なんかは、居住地が明確に分かれているので、わかりやすいんですよね。

一方で、東京は、国内外問わず人の出入りが激しく、出自を辿るのが難しいので、関西ほどに部落差別、人種差別は起こりにくいんですよね。

その代り、東京には居住地域による意識格差が大きいと思いますね。
「差別」とまでは言えないですが、住んでいるところで人を判断する要素が強いです。

東京以外の都市でもそういう傾向はあるけど、さほど強くはないですね。
沖縄もそんなに強くない気がします。
たしかに、那覇のおもろもちは高級住宅地だし、国際通り周辺は地価も高く、お金がないと住めないですが、東京の港区みたいなステイタス感はないと思います。
首里は王都で高台にあって、ステイタスは高いようですが、やはり千代田区の皇居界隈ほどのステイタスはない気がします。

話が延々と逸れてますね・・・

『翔んで埼玉』は、まさにそういう東京、というか関東人の地域のステイタス意識をかなり誇張、デフォルメして「差別」として仕立てた作品と言えますね。

東京内でも出身地、居住地によって差別があるし、周辺の県に関しても序列がある。
くだらないことに序列を作るバカバカしさを風刺している作品とも見れます。

さて、そんなこんなで最近は埼玉が意外に熱いようです(気温も暑いけど)ね。

住みたい街ランキングで、大宮と浦和という埼玉県の街がトップ10に2つも入っています。

埼玉が「SUUMO住みたい街ランキング2019」で4位大宮 8位浦和と大健闘! 埼玉県民に意見を聞いてみた結果…

出張や友人宅の訪問で、これらの埼玉県の都市には行ったことありますが、たしかに良い街だと思いました。
特に際立った特徴があるわけではないけど、お店もたくさんあって便利だし、都心にも比較的アクセスが良くて、その割には家賃・地価も安いです。
人口も適度で、都心ほど混雑してないですしね。
こういう都市は、最近増えてきているわけですが、映画で言う「日本埼玉化計画」が順調に進んでいるんですねえ・・・

さて、一方で、埼玉に近い「西高島平」は、東京23区で最も家賃相場が安い駅なんだそうですが、不便なんだそうです(行ったことないから実態はわからない)。
住民は、東京都民であることにこだわって、和光市に引っ越したりはしないんだって。

『月曜から夜ふかし』東京23区で最も家賃相場が安い駅を発表 マツコも「最果ての地」と納得

まあ、テレビ番組はかなりデフォルメされているから、盲信は禁物ですが、東京都民が「地名のステイタス」にこだわる傾向があるのは事実ですね。

実は、会社に入って数年後に「マンションを買おうかな」と血迷ったことがあって、実際に物件も見ました。
港区の物件を見た際に、不動産会社の方から「ここは住所がギリギリ南青山になりますから、賃貸に出すにしても家賃は高く取れますよ。道ひとつ向こうになると、区も地名も変わりますから、家賃も安くなります」みたいなことを言われました。

立地も利便性の変わりないのに、地名やステイタスにこだわるのはバカバカしいと思って、購入しませんでしたが、それで地価が変わるのが日本の実態なんですよねえ。

そうしたことを考えると、東京都民にバカにされがちな埼玉県に住むのって、実は経済合理的で、「名より実を取る」人にとっては良い選択だと思います。

東京都内にも地方にも住んだことありますが、東京近郊の郊外都市に住むのって、「東京の利便性と地方都市の快適さの両方が享受できる」というメリットがあることを改めて気づきます。

東京は好きだったし、沖縄も住んでみて愛着がありますけど、埼玉も住む場所として悪くないと思います。
埼玉に限らず、千葉とか23区以外の東京とか、都心周辺部って意外に住む場所として良い選択だと思ったりします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください