日本

2019年に入って、色々なことが比較的好調に行っています。

特別に良いことがあったわけではないけど、細々としたことが、トラブルもあまり起こらず、順調に行っています。
年末に懸念されていた、株式市場の下落にしても、年が明けてだいぶ回復してきています。
予断は許さないけど、短期的には景気後退の懸念も薄まった感がありますね。

自分の置かれた環境はさておき、日本社会の環境は、あまり良い方向に進んでいないように見受けられます。

沖縄では、辺野古埋め立ての紛争から、県民投票の実施の有無で揉めています。
実際、町を歩いていても、街宣車が演説していたり、署名活動をしていたりするのが目に付きます。
僕個人としては、お金をかけて県民投票をしたところで、その結果が、どのくらい辺野古埋め立て阻止に実行力を持つかどうか疑問があります。
米大統領選挙やBREXITに伴う国民投票の結果を見ても、民衆の意見を尊重することが、必ずしも好ましい結果を生まないことが分かっていますので、僕自身は県民投票には懐疑的です。

ただ、政府側も拙速、かつ強引に事を進めすぎていると思いますよ。
沖縄県民と言っても、必ずしも辺野古埋め立てに反対一辺倒ではありませんから、ちゃんと時間をかけて調整、説得すれば、もっとうまくやれたと思うし、もしかすると玉城デニー氏が県知事に当選することもなかったかもしれません。

最近、沖縄タイムズの記者の方々と話す機会があったのですが、彼らも玉城でニーが圧勝するとは考えておらず、接戦だと思っていたそうです。
僕自身もそう思っていました。
知事選前は、右の人たちが、勝手な自己主張を繰り返していたので、それが沖縄県民の反発を買ったところはあると思います。
最近は、中立層や無関心層まで、辺野古反対に動きつつあるように見受けられます。

もうひとつ気になるのは、日韓問題です。
レーダー照射問題は、どう考えても韓国の側に非があると思うし、日本政府は厳重抗議するべきだと思っています。

ただ、韓国人で、韓国の政府機関に勤めていたことのある知人が言っていたことが気になります。

「日韓に限らず、国家間の軍事トラブルは過去にも何度も起きている。ただ、これがメディアに大々的に取り上げられ、国民の間で問題になることはこれまでなかった。そこには何かの意図が働いているように感じる」

ちなみに、彼は親日的で、日本で働いている人です。

たしかに、米軍機が住宅地に墜落したとか、米兵が一般市民をレイプしたとか、そういうのは重大なニュースとして取り上げられます。
ただ、戦闘員というか、従軍関係者間のトラブルは、大々的には報道されないし、軍部、あるいは政府間で解決し、国民は巻き込まないということなんですよね。実際、事件としては報道はされても、国家間の問題として議論されることは、僕が知る限り無かったと思います。

微妙な問題なので、あまり突っ込んで話せなかったんですが、彼の言葉から推測するに、「日本政府が国民を誘導するために、メディアを煽っているのではないか? 例えば、憲法改正を容易にするために・・・」ということかと思われます。

一方で、韓国側に関しては、「反日左翼」の大統領が国民の目を不満から逸らすために、反日感情を煽っている・・・ということかもしれません。

僕自身、彼以外にも韓国人の知人・友人がいて、国籍関係なく付き合っているし、彼らから不愉快な思いをさせられたことはありません。
何度も韓国に旅行していますが、「日本人だから」ということで不当な扱いや差別を受けたこともありません。

国益は守る必要があるし、韓国側に非があれば、ちゃんと抗議すべきだとは思うけど、別にそれで僕自身の反韓意識が高まるわけでもないんですよね。

政治と個人の感情は切り分けているからです。

これまで、日本という国家は、革新的な決断はしないかわりに、欧米を中心とする海外の行動を見て学び、失敗しないように、それなりに上手くやってきたと思うんですよね(経済政策ではだいぶ失敗しているけど)。

上記のことに限らず、外国人労働者の受け入れ政策もそうだと思うんですが、最近の日本政府は、欧米の失敗に学ばず、同じ失敗を繰り返そうとしているように見えます。

おそらく、今後の日本は、ごく少数の富裕層と大多数の貧困層、多数の保守派と少数のリベラル派に分断していくんだと思います。

それは、日本社会にとって、決して良い方向には進まないと思うんですよね・・・

まあ、僕は本当に日本社会がイヤになったら、日本を捨てて海外に移住するので、どっちに転んでもしょうがないと思って受け入れますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください