ブログ、沖縄移住で人生リセット!の再録です。

みなさま、どのような休日をお過ごしですか?

さて、金壺食堂(那覇)で昼食を取っていると、隣に外国人(西洋人)が座り、話しかけてきました。

関連ランキング:台湾料理 | 牧志駅安里駅美栄橋駅

オーストラリア(メルボルン)から来ている(両親はギリシア人)とのことです。

1年半くらい、日本を自転車で旅行して、最後に沖縄に辿りついたとのこと。
沖縄が気に入ったので、オーストラリアに一時帰国して、ワーホリのビザを取って再度沖縄に来て、ここで働きながら日本語を勉強しているそうです。
いまは、近所の飲食店で働いているそうです。

日本、沖縄を愛してくれる外国人がいてくれて嬉しいなあ、という気持ちはありましたが・・・
彼は若いのですが、学生ではない様子で、オーストラリアではエンジニアだったと言っていました。

欧米人って能天気な人が多くて、平気で仕事辞めて長期旅行に行ったりするんですよね~
その背景は、本国に戻ってから再就職がしやすいというのもあるし、英語ができるから、世界の各所で就職ができるというのもありそうです。

彼の場合は、日本語も結構話せたので、8割以上日本語で会話していました。

僕「4月にシドニーに行ってたよ。素晴らしい所だったよ。物価は高いけどね」

相手「物価は高いかもしれないけど、サラリーも高いよ。最低でも時給2000円は貰える。沖縄では、時給700円とか800円で、1時間働いて外食1回分だ。オーストラリアは一食1000円以上かかるけど、外食してもお金は余るよ。沖縄で安いのは、時給と弁当くらいだね」

たしかに、沖縄は弁当は安いですね。
300円でお腹一杯になりますから。

ちなみに、下記の弁当は250円でした。
弁当

それを除くと、たしかに特筆するほど安いものはないかなあ・・・と思います。

特に、人件費とのバランスを見れば、むしろ物価は高いと言ってよいでしょう。
これって、東京もそうだし、日本全体がそうじゃないかと思います。

世界的に見れば、先進国の中では日本は物価は安い国になってしまっているけど、人件費がそれ以上に安いので、日本人は豊かな生活をしているとは言い難いです。

バブル期に、ヨーロッパでブランド物を買い漁っていた時代が懐かしいですね。
いまは、中国人が大挙して日本に押し寄せて、日本でドラッグストアや家電屋さんで買い漁っています。

日本人も、いずれ海外で出稼ぎをして、国産の安い商品を買って生活するようになるのかなあ・・・なんて思ってしまいました。
このままの延長線上で行くと、日本の未来はそんなに明るくないかもなあ・・・なんて思いましたね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です