☆☆ ブログ 沖縄移住で人生リセット! の再録です ☆☆

お金

沖縄に来て、そろそろ2か月が経ちます。

この辺で、東京と比べて生活費がどのくらい安くなったかを整理しておきたいと思います。
結論から言うと、8割~9割くらいってところかと思います。

東京では、山手線から外れていますが、23区内には住んでいました。

それと比べて特別安くはなってないので、「意外に高いなあ」と思う人も多いかもしれません。
ただ、東京時代より生活レベルを上げてますので、同じ生活レベルを維持するとなると、7~8割程度になるんじゃないかと思います。
元々、生活が質素だったので、下がるとしてもタカがしれてます。

主要な出費項目を見ていくと下記のとおりです。

住宅費 東京時代の8割 *同じレベルの住居であれば、6割程度で借りれる
食 費 東京時代の8割強(原材料費は変わらないが、外食の頻度が減り、単価も下がった)
被服費 東京時代の9割(物価は変わらないがあまり買わなくなった)
光熱費 東京時代と同じ
遊興費 東京時代の6割(お金を使って遊ぶ場所があまりないし、あっても安い)
交通費 東京時代の2割(空港に行くときにゆいレールに乗る以外は、自転車で移動)

いまは、職場まで徒歩10分、映画館も自転車で10分、フェリーターミナルまで徒歩10分、最寄りのモノレール駅まで徒歩10分(あまり乗らないけど)という便利さです。
生活が便利で効率化して、住宅のレベルも上がっているので、十分満足ですよ。

ただ、東京から沖縄に戻った人は、「給料が半分になり、生活費が7割になった」と言っていました。
貯金もできなくなって、生活は厳しいそうです。

十分な収入の仕事があるか、十分なお金があるか、どちらかでないと、沖縄移住はあまり勧められないかなぁ・・・と言ったところです。

「お金なくても沖縄に住みたい!」という人は良いかもしれませんが、現実はなかなか大変です。


2件のコメント


  1. こんにちは。
    那覇市は何度も遊びに行ったことありますが、物価は安くは無いですよね?
    観光地ということもあるでしょうし、むしろ地方都市としては高めです。
    家賃も高い…実は私も那覇市移住を考えたことあるんですが、生活費が高くなるので躊躇した経緯があります。
    東京から移住して給料半分、生活費7割だとキツイですね…
    ちなみにグンマーだと東京と比較して給料7割、生活費6割というパラダイスです(笑)

    返信
    • bucketlist

      どうも!
      実はそうなんですよ。
      県民の収入は全国一低い割に、観光地だったり、移住者や転勤者が多かったり、米軍基地が多かったりで、生活費は思ったより安くはならないんですよね。
      たしかに、コスパを考えると、東京近郊都市に住むのが一番じゃないかと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください