宮古市

3月11日ですね。
東日本大震災から6年経ちました。

一昨日同級生と飲んだ話を書きました。

同級生もセミリタイア計画中 ただし不動産で

そこで出た話ですが、6年ほど前に同じメンバーで千葉(船橋)のお店で飲んだんですが、そのオーナーが沖縄(那覇)に移住してしまったんだそうでうす。
震災の影響で、子供の体調が悪くなった。
家を売り、店も畳んで、奥さんの実家のある沖縄に移住。
いまは、那覇で開いた新しいお店も軌道に乗り始めて、元気にやっているんだそうです。

去年の3月11日には下記の日記を書きました。

震災があったから、アーリーリタイアもある?

僕自身は被災はしていないので、被災者の気持ちは根本のところはわかりません。
僕自身は、放射能は怖くなかったし、子供もいないので、子供の健康がどうとか、そういうことも気にする必要はないので、間接的な被災もしてないと思います。

でも、震災をきっかけに人生の転機が訪れた人の気持ちはよく分かります。
僕自身、直接的ではないんですけど、震災はボディーブローのように効いていて、リタイアを実行したことにも少なからず影響していると思うんです(去年書いた通りです)。

去年の3月11日の日記を読み返してみましたが、その時とはだいぶ気持ちも切り替わったなあ・・・と感慨深いです。
やっと吹っ切れた感じがしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください