昨日は仕事が忙しくて、日記の更新ができませんでした・・・

深夜残業してタクシーで帰ったのですが、タクシーの運転手さんは僕よりもちょっと年上で、淡々としているけど、話好きな方でした。

ちょうどバブル期の後半に運転手になったそうですが、そこから数年は凄く景気が良かったと言ってました。
バブル崩壊の影響で、彼の知り合いで自殺した人がいる、と話していました。
自殺まではいかなくても、株や不動産で潤って派手な生活をしていた人が、急にお金がなくなって困窮した人がたくさんいた。
まあ、よく聞く話ではありますが、体験談として聞くと、実感がわきます。

運転手として、日々同じような仕事を繰り返してきたわけですが、その間に時代は大きく変わったんですよね。
そうした中、当時からいままで平凡に淡々と生きてきたみたいなことを仰っています。
「いまでもこうやって普通に生活できることに感謝してますよ」とのこと。

「たしかにそうなんだよなー」と思いました。

成功するとか、出世するとか、お金持ちになるとか、そんなこと以前に、普通の生活が送れることの方が大切だと思うんですよね。

10年近く前に、やはり深夜残業して帰宅するときに乗ったタクシーの運転手のことを思い出します。
この方は、元証券会社に勤めていたそうですが、経営破たんをして運転手になった、と言っていました。
倒産するまで会社に居続けたそうなのですが、最後の方は、どんどん人が辞めていき、仕事がどんどん増える中、何日も家に帰らず、ひたすら会社を潰すための後始末をしていた。
その時が一番つらかったと仰っていました。

新入社員のころ、先輩が「タクシーに乗ったら運転手と会話しろ」とアドバイスしていたのを思い出しますが、確かに話すととても勉強になるんですよね。
運賃は高いですが、タクシーに乗る時は、目的地までの運送料だけでなく、授業料も含んでいると考えて、運転手さんと会話してみると良いと思います。

まあ、話好きで勉強になる運転手に当たるとは限りませんけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください