みなさま。
あけましておめでとうございます。

実は、年末から海外に来ております。
初日の出はプノンペン(カンボジア)のトンレサップ川から拝みました。

ちょうど快晴で、丸い太陽がしっかりお拝めました、

imgp0012

imgp0016

実は、初日の出はアンコールワットから眺めようと計画していたのですが、プノンペンを素通りするのももったいないので、一泊してしまいました。
元旦の日の出と、1月2日の日の出で、そんなに違いはないと思います。
人間の気分の問題だけでしょうね。
まあ、プノンペンでも美しい初日の出を拝めたので満足です。
それに、ここに留まったことで、楽しいこと、新たに見えてくるものもたくさんありました。

2017年は、あまり先を急ぐことはせず、立ち止まって自分の立ち位置を確認することを重視したいと思います。
そして、先にあることを追いかけるよりも、今の自分のまわりにあるものを大切にして、いまの人生を楽しめるようになりたいと思っています。

imgp0053、」

実は、小さい頃は、僕は「のんびりした子供」だと思われてきたんですよね。
受験戦争に巻き込まれからペースが変わりました。
そして、仕事をし始めてから、さらにせっかちになっていきました。
2017年は、本来の自分のペースを取り戻したいところですよ。

さて、カンボジアは20年(正確には19年半前)に来たのですが、全く風景が変わっていて、同じ国とは思えません。
四半世紀も経たない間に、この国は恐るべき発展を遂げてしまったんですね。

カンボジアの不動産を勧める投資家や業者も出てくるはずです。
僕は買いませんがね。

いずれにしても、豊かな未来への夢を抱けるような国になったなあ・・・と思います。
カンボジアの暗く、恐ろしい現代史をしれば、この発展は政治的な安定に支えられていることが痛感できると思いますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください