株価ボード

大晦日なんで、2016年を色々と振り返ってみたいと思います。

今年は本当にいろいろありました。
投資家としては、マイナス金利、BREXIT、トランプ大統領就任という一連の流れが大きかったですが、「予想は当たらない」「当たっても相場は予想と逆方向に動くことも多い」ということを実感した一年でもありました。
相場に知識や経験が通用しないこともあるということを改めて痛感しています。

さて、それでもトランプラリーのおかげで、資産は昨年末と比べて約1000万円増えました。
給与所得もありますので、投資収益だけで得たお金ではないですが、結果的にはそれなりに満足すべき結果だったかと思います。

一時は1年前のアナリストの予測がことごとく外れそうな状態になっていましたが、結果的に帳尻は合いましたね。

意外に当たった株価予想と2017年の展望

別にアナリストが優秀だったわけでは全くないわけですが・・・

で、僕にとっては、2016年はとうとう会社を辞め、アーリーリタイアの入り口に立った年として、自分史に刻まれる運命の年となると思います。
40代に入ると、自分から重い腰を動かさないかぎり、新しいことはなかなか起きませんし、あまり変化のない生活の方が居心地よく感じてくるものですが、このタイミングで人生に大きな転換点を持てることは、僕にとっては幸せだと痛感しています。
一方で、自分の人生は多くの人に支えられてきたことをしみじみ思う年だったし、「人間の幸せとは何なのか?」をこれまでにないくらい考え抜いた年でもありました。

会社員としては、長時間労働問題が顕在化していく中で、日本人の働き方に見直しが迫られている年だとも思いました。
これかの自分の人生が、「最低限しか働かずに豊かに生きていく」という一つの今後の日本人の生き方のモデルになればよいなあ・・・なんて思っています。

いずれにしても、仕事以外にいろいろやりたいことが溜まっていますので、2017年はそれをどこまでやれるのか・・・という、緩やかな挑戦の年となりそうです。

では、よいお年を!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください