洋服
洋服

僕のFacebookのタイムラインに下記のコラムが流れてきました。

洋服を買わないチャレンジ1年間達成 やってみて、こんなに変わりました!

僕の友達は批判的でした。

たしかにねえ・・・

ブータンの写真が貼られているなあ・・・と思ったら、著者の松尾たいこさんは、上野のブータン展のアートディレクターを務めた方でした。

賛否両論の「ブータン ~しあわせに生きるためのヒント~」はまあまあだったよ

彼女のデザインは可愛らしくてセンスが良いとは思います。

ただ、このコラムはなあ(笑)。

「洋服を買わないチャレンジ」って言っても、チャレンジしていることがむしろ普通で、以前は週一回服を買っていたって、そっちの方が異常じゃないかなあ。

日本の都会に住む平均的な女性はこんなもの・・・!?

連載がクレアで、セツ・モード・セミナーにも通っていたファッションコンシャスな人で・・・というのを考慮すると、平均から乖離している気もしますが。

思えば、僕自身、ここ3年くらいまともに服を買ってません。
3年前にオンワードのファミリーセールの入場券を貰って、そこで何着か服を買ったのが最後で、それを今でも着まわしています。

それ以降は、どうしても服が必要になる場合は、
・株主優待を使う
・フリマに行く
というところで、補充してます。
いずれの場合も、1000円かかることはほとんどありません。

今ある服であと3年くらいは大丈夫かと思います。

何にお金を使うかは、人それぞれだと思いますけど、日本の女性は外見にお金使いすぎてると思いますよ。
ニューヨークに行っても、女性はさほど化粧してないし、日本人ほどファッションにお金かけている感じはしません。
ヨーロッパしかりです。
オシャレな人はいるけど、それがスタンダードにはなっていないと思うんですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください