雨も止んで、快適な休日でしたね!

さて、錦糸公園(錦糸町)で「ニクオン」というイベントをやっていたので、行ってきました。
いま流行の(?)肉フェスと、屋外コンサートを一体化したようなイベントです。

GWにお台場で行われた「肉フェス」は評判が良くなかったようですね。

「詐欺だ!」「もう行かない!」肉フェスに批判の声続出

料理が一品1400円もするのに、内容がしょぼすぎたみたいです。

さて、「ニクオン」の方は最高でも一品1000円。
ニクオン1

タンドリーチキン500円というのもありました。
ドリンクも500円くらいです。

この墨田区で、しょぼい料理を1400円で売ったりしたら暴動が起きます(?)よ。
お祭り価格なので、コスパが良いかどうかは分かりませんが、少なくとも肉フェスと違って、ハンバーガーは中身がたっぷりで分厚かったですよ。

それだけじゃない。
普通の公園でやっていて、誰でも自由に出入りできるので、肉フェスみたく「飲食物の持ち込み不可」なんてルールもありません。
実際、多くの人がドリンクや食べ物を持ち込んでいました。
僕は、お昼は自宅でチャーハンを大量に食べて来ていたので、何も買わず(笑)。
美味しそうな臭いが鼻孔を刺激しますが、そこはじっとガマンです。
行列ができて、大繁盛しているようだったので、僕が買わなくても、財政は潤っていることでしょう(?)。

ニクオン2

ステージの後ろの方では、家族やカップルがシートを敷いてくつろいでいます。

さて、コンサートの方ですが・・・

僕は、夕方からの「MALTA 七人のサムライジャズ」と高野寛を聴いてきました。

まずは、「MALTA 七人のサムライジャズ」。
ニクオン3
30年近く前だったと思いますが、地元でMALTAのコンサートは行ったことがあります。
懐かしくて、つい泣きそうになりましたよ。
さすが一流のジャズミュージシャンです。
オリジナル曲もカバー曲も、すべて演奏のレベルが高い。

続いて、トリの高野寛さん。
この時にはお客さんもだいぶ増えました。
にも拘らず、屋台は売り切れて、店じまいをはじめてしまいました。

ニクオン4
ソロの引き語りですが、アコースティックなサウンドとソフトな歌声で、場を和ませくれました。

しっかりと、実力のあるミュージシャンを呼んでいるなあ・・・と思いました。

メディアの報道や話題性に流されて、バカ高いクソイベントに行くことなんてありません。
お得なイベントは、あまり宣伝されておらず、知られていないところでやってるんですよ。

ちなみに、お盆の時期に同じ場所ですみだストリートジャズフェスティバルが開催されます。
今年は予定が入っていて行けませんが、去年行きました。

これも、一流のミュージシャンが来るのに、入場料を取らないんですよね。

墨田区の平均年収は港区の半分以下だけど、こんなに大盤振る舞いしても大丈夫なのか?
スカイツリー効果で潤ってるんかな・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください