警察

労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

女性アイドルが刺された事件で、警察の対応が問題になっています。

女性アイドル刺され重体 警察に相談していた

本件に限らずですが、事件が起こった後で「警察に相談していたのに、何も対応してくれなかった」みたいな話は良く出ます。
そして、警察が叩かれたりします。

実は、僕も過去に2度、警察に相談に行かざるを得なくなったことがあります。

やはり、警察は望むような対応はしてくれませんでした。

でも、考えてみると、僕たちは警察に過剰な期待をしすぎているんだとも思います。

警察には、「民事不介入の原則」というのがあります。
つまり、「刑事事件に発展するまでは、警察は動かない」ということなんですよね。

僕の場合、ある人から勤務先に電話をされたり、他の人に悪口を言い回られたり・・・という嫌がらせを受けました。
警察からは、「現段階では何もできませんが、しつこく付きまとわれるとか、断っても何度もしつこく連絡してくるとか、そういうことがあれば、連絡してください」と言われました。

刑事事件にならずとも、警察の自己判断(?)で、相手に注意の電話をしてくれるくらいの対応をしてくれることはあります。
事前に相談しておくと、記録はしっかり残してくれるので、次に何か起きた際に対応が良くなるし、安心感があるというのはあります。
なので、刑事事件ではなくても、警察に連絡する意味はあるとは思います。

ちなみに、僕の乏しい経験に関していえば、犯罪が多い地域よりも、少ない地域の方が、警察官はちゃんと対応してくれます。
時間的にも精神的にも余裕があるからでしょうね。
犯罪が多い地域ほど、次の犯罪も起こりやすい。
というのも納得できる話ですよ。

いずれにせよ、「警察は刑事事件でない限りは動かない」というのが原則だということは、覚えておいても良いと思います。

日々、殺傷事件とか、盗難とか、そういうことに対応している中で、個人間の揉め事は後回しになるのは通常のことです。
僕たちは、映画やドラマの世界が刷り込まれていて「警察官は正義の味方であるべきだ」「国民の安全を身を挺して守るべきだ」なんてことを思いがちです。

でも、警察官って単なる公務員であり、職務以上のことは求めてもやってくれないと思った方が良いと思います。
もちろん、今回の事件は、警察の不手際も大きかったとは思いますが。

本ブログの読者の皆さんが、警察にお世話になる機会がないことを願ってはいますが、万が一警察に相談せざるを得なくなった場合は、このことを覚えておいて損はないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください