労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です

最近、僕にとっては最短のスケジュールである今年末にリタイアする気持ちがどんどん高まってきています。

そんな中ではありますが、会社で資格試験を受けさせられました。
「させられた」と使役表現を使いましたが、試験を受けることも、それに向けて勉強することも嫌ではありません。
実際、興味ある分野だし、仕事にも有用ですからね。

合格通知が届いて、一安心しているところですが、「どうせリタイアするのに…」という気持ちもあるんですよね。
一方で、「いざという時のために、資格を持っておいた方がいいかもなあ」という相反する思いもあります。

医師、弁護士、公認会計士のような高度な資格で、それがないと専門業務につけないのであれば、資格の価値はあると思いますが、ビジネスの世界では、「資格より実績」なんですよね。
MBAなら多少は違うかもしれませんが、「MBA持ってる奴は使いにくい」「MBA取ってるのに、この程度か」みたいなことを言われたりするリスクもあります。

僕の知っている人に、非正規社員で資格マニアの人がいますが、その人は資格取っても、なかなかうまくいかないんですよね。
「仕事で実績を積む」「人間関係をうまくやる」というところが欠けているからです。
でも、それに気付かず(あるいは気付いているのにそれを受け入れず)「資格を取れば、キャリアアップできる」と思い込んでいる。

まあ、資格というのは最低品質保証みたいなものだから、高い能力が認められている人は、あえて取る必要はないとは思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください