ベッキー&川谷絵音や宮崎謙介・元衆院議員の不倫報道とか、狩野英孝の複数女性との交際報道だの、色々あって、男女関係に関する議論がネット上で熱く買わされるのを最近よく目にします。

「不倫も二股も別にいじゃない? 誰にも迷惑かけてないんだし」みたいな、一昔前の援助交際女子高生の開き直り的な発言をする人もいます。
「バッシングする奴や、モテくて僻んでるんだ」みたいなことを言う人もいます。

いわゆる一般人が不倫する場合は、家族(特に妻)に対する責任はあっても、世間一般や社会に対してどうこうというのはないと思います。

ただ、イメージを売っている芸能人は扱いが違うと思うんですよね。
商品の良いイメージを伝えるためにCMに起用しているのにで、そのタレントが不倫していた・・・となるのは、プロとしてはダメということになります。

議員はどうかというと、少なくとも宮崎議員はイクメンで売っていたわけだから、そのイメージに対する代償を払わされるのはやむを得ないと思いますね。
昔の有名な政治家で女性関係がメチャメチャな人はたしかにいたし、その人がそうであるからと言って、業績を否定するわけにはいかないのも事実ですが、いまは時代が違うんだと思います。

これは前にも近しいことを書きましたけど。
無能な善人か、有能な悪人か、どっちを選ぶ?

そう言えば・・・
結構前のことになりますが、僕好みの清楚な美人で、憧れの女性がいました。
あるとき、その人が「不倫をしている」という噂が流れてきました。
相手は、優秀なことで業界でも有名な人でした。
ただ、彼は女たらしで、既婚にもかかわらず、複数の女性と同時に付き合っているという噂が流れていたんですよね。
不倫しているその子が、そのことをどのくらい知っていたかは分かりませんが、有名な話だったので、全く知らなかったとは思えないんですよね。

そこを受け入れた上で不倫していたというのが、妥当な解釈だと思います。

僕はその時、「女は誠実な男を求めるものだ」という、全く何の根拠のない思い込みをしていました。
なので、不倫の事実を知った時はショックだったんですよね。
「この人がこういうことするはずがない」と信じていただけに、ひどく裏切られた気がした。
その人は僕と何か約束していたわけでも、男女の関係があったわけでもないの、そう感じる僕の方がおかしいんですけどね。

女という生き物は、能力がある男、権力がある男、お金がある男が好きなんですよね。
みんなそうだとは言わないけど、全体的な傾向としてはそうだと思いますよ。
実際、そういう実例を多数見聞きしていますしね。

でも、しょうがないと思うんですよね。
男だって、女の中身より外見で判断する人が大半ですからね。

僕の場合、これからそういうモテる要素から完全に遠ざかることになるでしょう。
(いまもたいしてないわけですが)

まあ、僕の場合は、一人とさえ付き合うのが面倒くさいので、二股とか不倫とか、面倒くさい上にお金がかかることはできるだけ避けたいと思っているので、別にいいんですけどね・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください