本日から仕事の方も多いと思います。
僕もそうです。

年初の出社は少し緊張します。
新年の挨拶回りがあるからです。
自分から挨拶に回るのもありますが、取引先も挨拶に来られます。
そんなこんなで、午前中はほとんど挨拶で終了してしまった感じです。

年賀状も面倒くさいです。
でも、その数は公私ともにここ数年でだいぶ減ってきました。
「挨拶はメールやSNSで十分」というトレンドが進行しているからでしょうか。
僕も、基本は来た人に返すのが中心で、最近は自分から進んで年賀状を送ることはしませんけどね。

なんだこんな非効率で面倒くさい習慣があるんだろう!?
と思ったりもしますが。

僕なんかは、まだマシな方です。

保守的な(あるいは伝統のある)会社に勤務する友人なんて、
「どうしよう。部の人全員に年賀状送らなきゃならない」
「仕事始めの日は、社員を全員集めて訓示がある」
みたいなこと言ってましたからね。

会社を辞めれば、こういうしがらみから開放されるのに・・・と思ったりもします。

ただ、一番マメに年賀状をくれたり、挨拶回りをしたりする人って、会社を辞めて独立した人だったり、自営業者だったりするんですよね。
彼らは、仕事を失うと食い扶持に困るので、仕事上の人間関係を重視せざるを得ないんですよね。

「俺は無意味な慣習には従わない!」という判断もあると思うし、年賀状や新年の挨拶だけで仕事を貰えたり、失ったりはしないと思います。
ただ、条件が同じだったら、頻繁に連絡くれる人や、人間関係を大切にする人の方に仕事を頼みたくなるのは、厳然とした事実だと思います。

たとえ、完全リタイアして、全く仕事をしなくなったとしても、人間社会に身を置く以上、儀礼的なものから完全に免れるのは難しいと思います。
まあ、気を遣いすぎるのは苦痛ですけど、利害関係抜きの人間関係は大切にしたいとは思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください