パラリンピックも、ぶじ終わりました。

オリンピック含めて、そんなに一生懸命見ていたわけではありませんが、閉会式を見ていると、感慨深いものがあります。

オリパラを巡って色々な問題が起こりましたが、なんだかんだ言っても、開催期間中は批判は後退していました。

運営側の問題ではないとはいえ、1年延期になってコストは嵩むわ、当て込んでいたチケット収入が入らなくなるわで、収支はかなりの赤字で着地することになるんでしょうねぇ。

建設した施設のメンテナンスの問題もあるし、東京五輪開催の意義については、これから頭を冷やして検証すべきことだと思います。

コロナの中で、感染を押さえながら、うまく開催したかなあ・・・とは思うのですが、やはり、開催したことのメリット/デメリットを検証していくと、「開催してよかった!」という結論にはなかなかならないんじゃないかなぁ・・・と思います。

菅総理も辞任してしまいますし、日本の政局はしばらくは落ち着かないでしょう。

コロナの収束の見通しが立てば、日本はもっと明るい方向に行くんでしょうけど、株価はポストコロナをだいぶ織り込んできている気がしますし、しばらくの間は、相場を動かすような、大きな出来事は起きなさそうな気がします。

僕自身の生活も、当分は、あまり大きな変化もなく、淡々と日々を送るだけかなぁ・・・と思います。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください