日本

ワクチンの接種がもうすぐ始まりそうですが、日本国民に広くいきわたり、本当に効果が出るまでには時間がかかりそうなので、まだ楽観視はできません。

とはいえ、世界のコロナ感染者数はこの1か月で半減しているようですし、暖かくなってくれば、感染者数もさらに減ってくると思うので、僕自身は比較的楽観的に見ています。

うまく行けば、五輪開催もできるんじゃないかなあ・・・と思っています。

東京五輪に対しては、批判的な意見が優勢になっていますが、これだけお金を通夜してしまった以上、開催しないリスクも高いので、感染をなるだけ収束させて、無観客なり、日本人の観客だけでやるなりしても、開催した方が良いのかなあ・・・と思います。

コロナによって、社会のひずみが顕在化していますけど、これを乗り越えた日本は良い方向に向かうんじゃないかなあ・・・と思います。

東日本大震災の際も、人生を見直して、新しい生き方を模索する人たちが多数出てきたし、エネルギー問題にせよ、災害対策にせよ、だいぶ社会的意識が変わりました。

もちろん、一朝一夕に全てが変わるわけではないけど、少しずつ変化はしたという実感はあります。

コロナにしても、人々の生き方、働き方にしてもそうだし、企業の収益構造やビジネスモデルにも変化を強いられています。

それに対応できない企業や、対応しても耐え切れなかった企業は淘汰されてしまうでしょうね。
それはそれで、大変なことではありますが、ポストコロナ社会では企業はより強くなっているし、これまで改善の余地がありながら、変われなかった日本企業が変わらざるを得なくなっているので、むしろチャンスな気がするんですよね。

企業決算や、昨今の企業の取り組みを見ていてもそう思うし、人々の意識変化を見ていてもそう思います。

まあ、大半のことは、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ってことになるんでしょうけど、それでも変わらざるを得ないところは変わっていくと思いますよ。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください