日本

バイデン新大統領の就任式も、大きなトラブルがなく終了しましたね。

株価も大きく上昇し、NYダウも最高値を更新してきましたねぇ。

ヤフーニュースのコメント欄を見ていると、トランプ支持者の声が目立っていて、驚かされます。

トランプの業績を全部否定するわけではないですが、コロナ対応や、米国内の分断、何よりアメリカ、および民主主義の信頼性を世界的に貶めてしまったという点を考えると、「良い大統領だった」とは決して言えないと思いますよ。

おととしまでは、1年に2か月海外旅行に行っていましたが、海外(特にヨーロッパ)のトランプに対する評価は散々です。
日本では、結構好意的に報道されていて、日本国民の評価もさほど悪くないですが、海外に出てみると、トランプ政権下でアメリカの評価が下がっていることに気付かされます。

日本人、特に保守派の人たちにとっては、中国に対する強硬姿勢を評価していて、「バイデンになったら、日本が中国に侵略される!」みたいなことまで言っている人もいますが、対中強硬姿勢は日米だけでなく、ヨーロッパも含めて、世界的な趨勢かと思うし、米国民にしても弱腰外交は支持しないと思うんですよねぇ。

トランプ、バイデンのどっちを支持するかに問わず、「アメリカ大統領はこんなにリーダーシップを示しているのに、日本の政治家(特に菅総理)はなんでこんなにダメなんだ」みたいな、雰囲気がありますねぇ。

僕からしてみると、ここまで大統領に権力を集中させてしまうアメリカという国の方が異常に見えてしまいますが・・・

レディーガガの国歌斉唱は感動的ではありましたが、菅首相の就任で、宇多田ヒカルが「君が代」を歌ったりしたら(別に、MISIAでも浜崎あゆみでも良いんですが)、日本国民はどのくらい感動するのかなあ・・・と思います。

日本の首相がリーダーシップ取ろうとしたところで、権限も限定されているし、国民から支持もされないんだから、政治家としてもリーダーシップを積極的には取ろうとは思わないと思うんだよねえ。

第二次世界大戦以降は、国家権力者の権限を制限してきたし、国民も政治家をあまり信用してきませんでしたが、それで国家も崩壊することなく、平和な社会を築いて来れました。

中国はもちろん、タイとかフィリピンとか見ていても、国家指導者はリーダーシップはあるけど、国民の人権が著しく侵害されてしまっているし、現在って、国家権力者の権力によって国民の権利が損なわれている国の方が目立ちます。

沖縄は、良くも悪くも政治家のリーダーシップは求められているし、実際に良くも悪くもリーダーシップのある政治家が選挙で選ばれていますが、他の都道府県と比べて沖縄が幸せかというと、全然逆だと思うんですよね。

米軍基地という大きな問題を抱えていて、県民が分断されているから、政治家のリーダーシップが重要になる。
台湾の蔡英文も評価されていますが、台湾も分断されているし、大国中国の影響があるからこそ、カリスマ性のある政治家が出てくるんだと思います。

僕自身は、日本の政治家の体たらくを見ていても、怒りはありませんし、「それでも日本は平和だなあ」と思いますよ。

「もうちょっとコロナ対策はちゃんとやれよ」
「自己弁護ばかりしてないで、自分の過ちは認めて、改善しろよ」
という思いはありますが。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください