(写真は早朝の霞ケ浦)

ブログの更新がつい滞ってしまいました。

実は、連休前から東京に来ています。
仕事ともプライベートとも言えない、あるいは両方みたいな感じです。
とはいえ、いまだ多くの仕事仲間や前職の同僚たちは、いまだ在宅勤務状態なので、東京に来たところでリアルに会える人は限られています。

来る前から、「出張で成果は出ないかもなあ……」と最初から半分諦めているのですが、それはそれで、仕事しなければよい話なので、焦ってはいません。

さて、連休は、東京ではなく、千葉や茨城で活動しており、東京に入ったのは昨日からです。

前回に来たのは2月で、コロナが本格的にヤバくなる直前に沖縄に戻ったという感じです。
で、7か月ぶりに東京に来たわけですが……

沖縄に移住した後も、1、2か月に1回は東京に行ってましたし、間が空いてもせいぜい3か月くらいでした。

コロナのせいではありますが、ここまで間が空いたのは初めてですね……

久々の東京(というか関東の)印象としては……

  • 意外に出歩いている人が多い
  • 道路が混雑している
  • 夜の飲食店など、密になっている状況も多い
  • 表面的には、みんなコロナ対策をしている

といったこところです。

こういうのは、別に沖縄にいてもあまり変わらないし、他の地域には旅行に行ったんですが、やはり状況は変わりません。

人が多いのは、4連休の影響も大きいと思いますが、すでに自粛生活にも飽きてしまった様子が伺えます。

何だかんだ言っても、都心は絶対的な人の数が違うので、ここまで感染拡大を抑えられたのは、さすがだなあ…と思いますね。

一方で、友人・知人の中には、精神のバランスを崩してしまった人もいます。

まずは、密にならないように気を遣いながら、友人と会っていますが、「自粛警察みたいな人が多くて窮屈だ」と言っていました。

感染するルートは限られてきているので、メリハリをつけて、気を付けるところは気を付けつつ、ムダにストレス貯めることなく行動することが重要だろうなあ……と思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください