日本

としまえんが閉園しましたねえ。

ありがとう「としまえん」、最終日の来訪者は前日の1.5倍—30代・40代が別れを惜しむ

僕自身は、東京には20年以上住んでいましたが、大人になってからのことで、としまえんには行く機会はありませんでした。

子供がいれば別かもしれませんが、仲間や女の子と「行こう!」みたいにはなりませんでした。

東京ディズニーランドには1年に1回くらいは行ってましたけどね。

としまえんは「広告が面白い」というのはイメージとして刷り込まれてましたけど、実際の施設はそうでもなかったんですかねぇ。

東京ディズニーランドにやられてしまった感はありますね。

日本資本でも、富士急ハイランドとかハウステンボスとか、しっかり稼げている遊園地・テーマパークはありますが、東京ディズニーランド、ユニバーサルスタジオなんかはやっぱり強いなあ・・・と思います。

新型コロナの影響はあったとはいえ、結局、黒船の襲来によって変われなかった結果と言えると思います。

話は変わるけど、安倍総理の後任選びが進行中ですが、ここに至って菅官房長官が一気に最有力視されています。

安倍政権に文句は言っていても、いざ安倍総理の辞任が決まってみると、「他に良い人がいないじゃないか!」ということに気づかされますね。

個人的には、(消去法で)石破さんかなあ・・・と思いますが、派閥争いの状況からして望み薄ですね。

次期総裁選びでは、日本の旧来型の派閥政治が露呈してますけど、派閥闘争で勝ち抜ける人じゃないと、いまの日本の政治を安定的に運営していくことは難しいと思うので、しょうがないところはあるかなあ・・・と思います。

日本政府の新型コロナ対策はマズかったと思いますけど、ちゃんとやろうとすると、首相に権限を集中しないとダメだったと思うんですよね。
「強権的」と言われる安倍総理でも、ロクな成果を上げられなかったことを考えると、日本の政治制度にも問題はありそうだと思います。

とはいえ、昨今のニュースを見ていると、「変わらないことを日本人が容認している」という風に見えます。

としまえんの閉園を残念がる人、昔を懐かしむ人はいても、「としまえんはもっと早く改革すべきだった」みたいなことを言っている人はあまり見当たりません。

次期内閣総理大臣にしても、既定路線で後任が決まってしまうことに対して、文句は言う人もいても、抜本的な改革を望んでいる人は実際は少ないと思うんですよね。

良くも悪くも、アメリカなんかはトップが変われば国のあり方も大きく変わりますが、逆に言えば変わらなければならないような問題を多数抱えているから…とも言えると思います。

問題はあっても、それを変えるよりは、問題を抱えたまま現状維持を続けたほうが良い。

それがいまの日本のように思えます。

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください