沖縄は独自に緊急事態宣言が出ていますが、明日で終わる予定でした。

ところが、感染が収まらないため、緊急事態宣言は2週間延長になってしまいました・・・

沖縄県の警戒レベル 最高段階「感染蔓延期」に 緊急事態宣言29日まで延長 来県自粛は求めず

僕自身は、ほとんど人に接触する生活はしてないので、あまり生活は変わらないんですけどね。

「来県自粛は求めず」というのが、県民だけでなく、他県の人からも違和感があるところのようです。

沖縄もしばらく新規感染者数ゼロが続いていたんですが、県外客や、県外に出た沖縄県民が感染を拡大させていることは間違いなんですよね。

となると、「感染を防ぐためには(県外の)移動を制限すべきだ!」ということになると思います。

ただ、沖縄という場所は、観光や、県外や海外との人や物が行き交うことで経済が成り立っている場所ですから、安易に「来県自粛」を要請してしまうわけにもいかないんですよねえ。

石田純一が沖縄に来て感染が発覚して(沖縄で感染したわけではないですが)、山田孝之や新田真剣佑が緊急事態宣言下に沖縄に来てバッシングされたりして、「コロナ禍に沖縄に行くのは悪いこと」というイメージが付いてしまいました。

それによって、沖縄の観光業が多大なダメージを受けてしまいました。

Go Toみたく、政府が金を積んで移動を促進するのは愚策だとは思いますが、自己責任で沖縄に来る人に対して「来るな」、「自粛するな」というのはさすがでにできないと思うんですよねえ。

沖縄の人も、立場によって見解は違います。

観光客や出張客から恩恵を受けていない人は、「沖縄に来るな」と思うでしょうが、そうでない人は「(感染に気を付けた上で)来て欲しい」と思うんだと思います。

米軍基地の問題と同じで、反対する人には大義名分があるので、声高に主張できるんでしょうけど、「基地はあったほうが良い」、「観光客に来て欲しい」と言うのは、「カネが目当てか!」と言われるので、なかなか本音が言えないですよねぇ。

とはいえ、「お金が大切だ!」というのは紛れもない事実です。

デニー知事は基地問題では大義名分で押していますけど、県の経済状況を考えると、「県外の人に沖縄に来るな」と言うのは難しいところでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください