東京桜

コロナがなかなか収束しない中、「コロナ移住」もだいぶ現実感が出てきましたねえ。

いまのご時世、「海外移住」というわけにもいきませんから、日本国内のどこかで選択することになります。

現実は首都圏近郊が人気のようですねえ。

リモートワーク普及で「脱都心」移住希望者が増加 人気エリアの共通点は「自然豊か」「リゾート地」

コロナ移住、結局「首都圏近郊」が人気なワケ 現実的に考えると地方移住のハードルは高い

ニューヨークなんかでも郊外に人気が集まって、不動産価格が高騰しているみたいですね。

仕事を辞めるのならともかく、いくらテレワークが普及したと言っても、現在の仕事場から大きく離れるエリアはオススメできないですね。

つい最近も、青森の実家に帰省した人の家に誹謗中傷の貼り紙が貼られていたというニュースがありました。

青森県の実家に帰省したら、玄関に驚きの張り紙が!「人の心を荒ませることが、この感染症の本当に怖いところ」

僕も田舎の出身なんで良く分かりますが、田舎の実態なんてこんなもんで、「都会の生活に疲れたから、自然豊かな田舎にでも引っ越すか」なんて安直に考えて、実行したら、田舎の閉鎖的な雰囲気や、狭い人間関係に余計ストレスが溜まる……なんてことが起きてしまったりするわけです。

僕の場合も、仕事を辞めて、さらにたまたま沖縄にツテがあったんで、那覇に移住しましたが、フリーランスでも仕事を続ける気持ちが強かったら、東京か、その近郊に住み続けたかなあ・・・と思います。

実家とは絶縁状態ですが、そうでなければ、実家と東京周辺の2重生活をしていたかなあ・・・とも思います。

コロナ後は、地方でも仕事がしやすくなったのは事実ですが、それでも、必要に応じて、取引先やビジネスパートナーとはフェイストゥフェイスで会えた方が良いことは変わりないですからね。

たとえ会社が「テレワーク中心に」となったとしても、よっぽどIT化が進んだ会社でもない限り「出社しなくてもいいよ」とはなりにくいですからねえ。

で、僕ならどこに住むかというと、千葉県の船橋市あたりかなあ・・・と思います。都内であれば、小岩とか、北千住とか、その辺が良いかなあ・・・と思います。
あるいは、東京都内の23区以外の市町村エリアですね。

東京の西側は結構好き(特に中央線沿線)なんですが、都心からかなり離れないと家賃は安くなりません。
東側の下町の雰囲気は好きだし、物価も安いんですよね。

沖縄に引っ越す前は、ちょうど東京の東側に住んでいたんですが、利便性が良い割には家賃と物価が安くて良かったんですよね。

通勤から解放される(あるいは頻度が減る)んであれば、そこからさらに離れれば良いかな??といったところです。

あと、旅行に行く頻度が多いので、空港までのアクセスが良い方がいい。

京成線沿線なら、成田空港も羽田空港も一本で行けるから便利なんですよね。

実際、東京に戻るとすれば、小岩か船橋あたりに住むことになるかなあ・・・と思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください