労働者の皆さま、今日も一日ご苦労様です
大学、大学院時代の同級生と久々に会いました。
実は、僕は学生時代は、大学に残って研究者になりたいと思っていました。
でも、修士まで行って、その道の厳しさに気づきました。
能力が足りないという自覚もあったし、研究者ポストが少ないという問題もありました。
一生の仕事にすることが自分にとってふさわしいのかという疑問もありました。
結局、就職の道を選びました。
就職してしばらくは「夢を諦めた」「挫折した」という思いに囚われていました。
同級生たちは、大学にポストを見つけて研究者として生き残っています。
でも、自分がそっちの道を選ぶべきだったとも、彼らのことが羨ましいとも思っていません。
自分の人生の選択が正しかったか否かは、今でもわからないし、今後も多分わからないでしょう。
でも、いまの自分としては十分に納得しています。
仕事が大好き という状況ではないですが、少なくとも十分に豊かな生活(質素ではあるけど)を実現できています。
次の人生を生きるための、資本(お金だけでない)を築くことができたという意味では、研究者になるよりも良かったとも言えます。
・(他人との比較ではなく)自分自身を基準とする
・人生をトータルで考える
ということが重要だな、と実感しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください