サザエさん症候群

東京オリンピックの2021年への延期が決まりましたね・・・

競技場建設やら、エンブレムやらいろいろな問題が起きましたけど、いまに至って新型コロナショックで延期という・・・
本当に呪われたオリンピックになってしまいました。

新型コロナに関しては、不可避の事態ですから、東京でなくても、同じ苦難を味わうことになったはず。

特に、候補として名乗り出ていたスペインになってたりしたら、もっと大変だったでしょうねぇ。

日本はババを引いてしまった・・・とも言えるかもしれません。

中止にならず、延期になっただけ、まだマシとも言えますけど、今年の夏開催へ向けて不眠不休で努力してきた人たちからすると、肩透かしを食らった感じなんじゃないでしょうか?

特に、聖火リレーは直前での中止ですから、混乱は避けられないでしょうねえ。

関係者からしてみると、フルマラソンを全力で走り続けて、ゴールまであと4キロくらいまで来たところで、「ゴールの場所は、最初の場所から10キロ先に変更になりました」と言われたようなものじゃないかと思います。

2021年に開催されたとしても、「ここまで苦労して、開催する意義はあったのか・・・?」という禍根が残るんじゃないかと思うんですよね。

どんなに頑張ろうと、不測の事態は起きてしまうもので、それによってダメになってしまうということは多々あります。

沖縄にいると、台風でイベントが中止になってしまうことは多々あります。

沖縄でのAKB48の総選挙イベントも荒天で中止になってしまいましたからね(そもそも、梅雨入りして天気の悪い6月に開催すること自体、無謀だったんですが)。

僕自身、会社を辞める引き金となった出来事のひとつに、「不測の事態」があります。
数か月かけて準備した、新商品の発表の日に、BREXITが起きて、メディア報道がそれ一色になってしまった。
で、新商品発表会の情報はほとんどメディアには出なかったんですよねぇ。
努力の大半が水の泡になってしまいました。

「為せば成る為さねば成らぬ何事も」なんて言いますけど、どうしようもないことって世の中に多々あります。

そうしたことが起きてしまった時、僕たちにできることは、失意に打ちひしがれたり、燃え尽きたりすることなく、時期を見ながら、体制を立て直して再チャレンジすることだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください