会社員

芸人の反社会勢力への営業問題で、吉本興業が大変なことになってますね。

芸人さんたちが次々と謀反を起こして、会社批判を口にしていますが、現社長に関する相当な不満が鬱積していることが伺えます。

所属芸人は会社員ではないといえ、会社員の身では共感できるところは多いですね。

僕自身、社長ではないとはいえ、上層部から理不尽な扱いを受け、本気で会社を辞めようと考えたことがあります。
当時は、転職ではなく、MBA取得のために留学しようかと考えていました。
その時点では、より良い待遇の会社に転職できる感じがしなかったので、留学して知識と経験を積み、箔付けをしようと考えていました。

結局、色々と考えて辞表は出さず、2年ほど耐えたら状況は改善しました。

その時どうするのが最適だったのかは、今でもわかりません。

それから10数年後に会社を早期退職しましたが、会社に頼らずとも十分生きていけているし、誰にも忖度しなくても良いので、気が楽です。

会社に謀反を起こすのは、根性があればできますが、会社に放り出されても生きていけるかどうかは、その人の能力や裁量次第です。

会社を辞めてみて思いますが、会社に搾取されている面と、守られている点と、両方あったんですよね。

吉本の芸人さんも同様で、いまの組織に問題があり過ぎるのは分かりますが、組織に守られなくても生きてきていけないと、組織批判はブーメランになって自分に重傷を負わせることになってしまうんですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください