会社員

日本企業の人材獲得合戦が激化してますねえ。
特に、新卒市場が加熱しています。

NEC 新卒に年収1000万円超も IT人材を確保へ

「年収1千万円の新入社員」は日本企業に定着するのか

調べてみたら、NECって、博士号を持っていても、新卒の平均年収って500万円に満たないんですね。
大手企業としてはちょっと安すぎますね。

僕は理系の専攻で大学院(修士)まで出ましたが、同級生の多くは、大学の推薦で大手のメーカーに就職していきました。
具体的には、日立とかシャープとか、パナソニック(当時はまだ松下電器でしたが)とかです。
ソニーはあまり、大学の推薦枠はなかったですが、当時はメーカーの中ではソニーがナンバーワンと見られていましたね。

ところが、就職が決まってもみんなあまり嬉しそうにはしてなかったし、これらの企業に勤めていたOBも「仕事が嫌だ」「会社が嫌だ」みたいなオーラを漂わせていたんですよね。
理系の大学院を出た人たちは、「大手メーカーに就職しても、自由に研究ができない」というフラストレーションを抱えていたんですよねえ。
それでも、安定的な地位と、さほど高くもない収入(ただし、年功序列で徐々に増えていく)のために、我慢して働いていました。

優秀な人材を雇っても、その人材を生かせない・・・というのは20年以上前からあったんですよね。

さて「年収1千万円」というのは、大手のメディアや商社など、給料の高い企業に就職して、30代後半くらいになってやっと達成できるイメージでした。
メーカーだと、管理職まで行って達成できるかできないか・・・というレベル感ですかね。
「年収1千万円」は、ビジネスマンにとってはひとつの目標で、波に乗れなかった人は憧れだったんですよねえ。

それを考えると、少数といえども、新卒時点で年収1千万円を稼げるというのは大きいですね。

そう言えば、2年ほど前に、ファーウェイ・ジャパンの初任給が月40万円で、年収560万円以上というのが話題になりました。
日本のメーカーよりも高いんですよね。
つい最近まで、日本が見下していた、中国のメーカーが、日本の大手企業よりも良い待遇を提示しているわけです。

GAFAについては言うに及ばずで、理系の優秀な学生は日本の老舗大手企業に行くよりは、外資系に行ったほうが良いという考えが強くなっています。

人材獲得競争の現状を考えると、必然的な動きだとは思いますが、企業側も、社員に収入に見合ったパフォーマンスを上げさせることが課題になるし、雇われる側も同様です。
最初の一歩は踏み出したけど、今後の課題は山積してますね。

あとは、若者に限らず、中高年の社員が「これからどう生きるか」という問題も出てきますね?
成果の出せない中高年社員より、優秀な若手社員のほうが出世して、報酬も高い。
そんな状況が一般化していくでしょうから、全てのビジネスマンにとって「どうやって生き残っていくのか?」というのは深刻な課題になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください