経団連会長に続いて、トヨタの社長も終身雇用を否定する発言をし、物議を醸しています。

自工会の豊田会長、日本の終身雇用「守っていくのが難しい局面」

「経済界は解雇規制をなくしたいだけ」 相次ぐ「終身雇用は限界」発言に労働弁護士が批判

僕からすると、「いまさらこういうことで騒動になるの?」と思います。

実質的には終身雇用って崩壊していると思っていました。
実際、リーマンショック後に大企業も「早期退職優遇」とう名目で人員削減に取り組みました。
ただ、日本企業では、依然として定年前の社員を「仕事のパフォーマンスと比べて人件費が高すぎる」という理由でクビにするのは難しいですから、終身雇用は維持されているとは言えるんでしょうね。

だからこそ、経済団体のトップがこういう発言をすると、批判も集まる。

実態は、会社に残って飼い殺しにされている人も多いですから、終身雇用がうまく機能しているとは言い難いです。
『北斗の拳』のケンシロウの「お前はもう死んでいる」というセリフを思い出します。
すでに死んでいるのに、「まだ生きている」と本人は思い込んでいる・・・

さて、今回の発言には、高齢者だけでなく、若年層からも批判が出ているみたいですね。
「やっと正社員になれたのに、その地位も保証されれないのか」という怒りもあるようです。

終身雇用って、日本だけの慣行でもないみたいですね。
欧米でも、以前は長期雇用が前提で、簡単にクビにしたりはしなかったみたいです。
まあ、経済が右肩上がりで成長していて、産業も細分化されていない時代は、安定的に雇用を確保することは労働者にとってだけでなく、企業側にもメリットがあった。

いまは、産業構造もダイナミックに変化しているし、労働者はグローバルに移動する時代になっているので、雇用の流動化は不可避だと思います。
会社を辞めて思うんですが、終身雇用は、もはや労働者自身の幸せにも貢献しない時代になったと思っています。

世の中の変化に自分のスキルや経験をどうマッチさせるかを、ひとつの会社に囚われずに考えられる方が、精神衛生的にも良いし、自分を活かすこともできると思うんですよね。
「転職や独立すると、収入が減ったり、待遇が悪くなったりする」という懸念もあると思いますが、僕の友人で転職した人の多くは、むしろ収入が上がっています。
収入は下がっても、以前の職場よりもやりがいを持って仕事をやっている人も多いです。

「自分の雇用は守られている」と感じてしまうと、「会社を辞めて新しい環境に身を置こう」というモチベーションも減退してしまいがちです。
でも、転職や独立って、思ったほどに大変でもないし、条件が悪くなるとも限らないんですよね。

パフォーマンス以上のお金を貰えることは、一見良いように見えるかもしれないけど、却って不安もストレスも大きいことが多いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください