睡眠

富士通も早期退職募集だそうです。

富士通、2850人が早期退職 営業・エンジニアに配転も

それにしても、最近多いですね。
コカ・コーラ、カシオ、協和発酵キリン……

日本は人手不足で、海外から労働者を集めようとしているのに、中高年の大企業の社員がお払い箱にされる日本の現状はちょっと物悲しい感じがしますね。

産業構造は日進月歩で変化しているから、人件費が高い割に、柔軟性も適応力もない中高年が真っ先に切られるのは、合理的に考えるとそうならざるを得ないとは思いますけどね。

富士通の記事の中で、「間接部門から営業などへの配置転換も進める」みたいなことも書かれてますが、実際は辞めさせるための方便というか、策略なのは目に見えてますね。

10年ほど前に某大手メーカーでも同じことが行われましたが、早期退職には応じず、配置換えを選んだ人たちは、仕事が与えられなかったり、適性も経験もないこれまでと全く違う仕事をさせられたりして、不遇の思いをしたそうです。

地獄で釜ゆでか針の山かを選ぶようなもので、どっちに進んでも地獄なんですねえ……

とはいえ、早期退職して、しばらくゆっくり休んで、自分を見つめ直すのも良い機会じゃないかとは思います。

タレントのヒロミさんが、40代の10年間芸能界から離れて、復帰されたことに関して、インタビューを受けられています。

ヒロミ「自分は必要とされていない」と感じて10年小休止、もがかなかった僕の選択

ヒロミ「40歳で小休止した僕が見つけた境地」

共感できるところが多いですね。

その場に居座ってもがき続けるよりも、一旦その場から離れて、客観的に自分を見つめ直してみると、新しく見えてくるものもありますね。

僕自身、会社を早期退職してみてそうでした。
辞めた当時は「もう働かない。働くとしてもお金のためじゃなく、好きなことをやる」と考えていました。

でも、一旦会社から距離を置いてみると、(1つの会社の中だけでなく)世の中の動きの中で、自分のスキルで何が活かせられるのか? が見えてくるんですよね。

辞める前後に、転職経験のある友人から、「間が空いてしまうと、仕事が見つかりにくくなるよ。転職活動するなら早いほうが良いよ」と言われたけど、もう会社で働くつもりはなかったので、無視しました。

結果的には、無理ない範囲で働くようになりましたが、会社員時代よりは時間もできたし、ストレスも少なく、快適な生活を送れています。

もちろん、休むためには何よりもお金が必要だし、将来の不安を拭えない中で行きていくのはメンタルの強さも必要だとは思いますがね。

中年は「小休止力」を磨いたほうが良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください