仕事

金曜日は勤労感謝の日でした。
勤労感謝の日に投稿しようと、書きかけてたんですが、遊んでいて今日になってしまいました・・・

あまり働いていないので、別に感謝されることもないと思うのですが、勤労感謝の日は、いまの僕にとっては、まあそんな日です。
むしろ、僕にとっては、あまり働かなくても済んでいることを感謝する日ですかねえ。

40代になると、知力も体力も衰えていくので、仕事のパフォーマンスは下がっていくものです。
これまでの日本は、年功序列、終身雇用が浸透していて、年齢が高くなるにしたがって、給料も上がっていきました。
いまだ、その名残はありますけど、今後はそうも行かないでしょうね。

40代、50代となったときに、どうやってパフォーマンスを維持して、収入を確保していくのかというは大きな課題になります。
最近は晩婚化が進んでいますが、30歳で子供を生んだとしても、子供が成人するのは50歳。
少なくとも、このくらいの歳まではお金がかかることを前提にすると、40代を何とか逃げ切るのが重要ですね。

で、40代を超えると、「資産」を有効活用することが重要になるということを、ヒシヒシと実感しています。

もちろん、金融資産はそのひとつですが、それだけではありません。

仕事面でで、長い職務経験から得られた知識やノウハウが資産になります。
たとえば、EXCELを使う能力は、いずれ若い人には追い越されます
ただ、その前提となる考え方とか、ロジックとかを知っておけば、若い人に起こされなくてもすみます。
また、マネジメント能力というのは、経験に依存するところも多いので、それを身に着けておけば、40代、50代になってもお払い箱にされることはありません。
専門知識においても、時代の流れによって古びないもの、古びても基本的な考え方が他に応用可能なものは、年をとっても使えますね。

体力に任せて、がむしゃらに働いているだけでは、いつか必ず限界が来るし、衰えていきます。

僕自身、会社で培った経験が生かされて、会社を辞めてからも仕事はあるし、食いはぐれがない状況です。
こういうことは若いころはあまり考えていなかったので、偶然上手くいっているというに過ぎませんが、20代、30代の方は、自分が40代、50代になったときに何が残るのかは、しっかり考えながら生きていって欲しいと思いますね。

あとは金融資産ですね。
社会人の20年間かけて、貯金と資産運用で十分な富を築くことができているので、いまは、何もしないでも「お金が働いてくれる」という状況になっています。

能力が衰えても、「資産」がお金を稼いでくれるので、20代、30代と比べても、生活は楽だし、余裕もあるんですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください