仕事

数日前のニュースになりますけど、結婚したくなる「異性の勤め先」ランキングは発表されてます。

結婚したくなる「異性の勤め先」、トヨタ・ANAなど人気 1位は安定の……?

何というか、いかにも「日本は停滞してます」って感じの結果ですね・・・
国家公務員、地方公務員がツートップで、続いて、トヨタ、ANA。
5位にグーグルが来てますけど、外資系ですね。

結局、安定した公務員がベストで、誰でも知っている大手企業が続く・・・という感じです。
グーグル以外には、アップルやアマゾンみたいな、比較的新しいIT企業も上位に入ってますけど、外資系ですね。

新興企業(?)としては、8位に楽天が入ってますが、楽天って、相手が勤めていて結婚したくなるような会社かなあ・・・と思います。
確かに、二子玉川のオフィスや、英語が公用語だったりする(英語の勉強になる)のは魅力だと思いますが、給料も特別高くはないようだし、離職率も高そうだし、安泰な会社とは言えないと思います。

ちょっと話は逸れますけど、こういうニュースがありました。

高円宮絢子さま、日本郵船に勤務の男性と婚約へ

ネット上のコメントを見ていても、小室圭さんへの当てこすりっぽく、「日本郵船に勤めてるなら安心だ」みたいな意見が結構ありました。
皇室が保守的なのはわかるけど、ネット住民もかなり保守的なんですねえ(笑)。
個人的には、小室氏みたいなフラフラした身分の定まらない男が、皇室の美女と結婚するっていうストーリーの方がスリリングだと思いますけどね。

それはさておき。

僕が女性だったら、外資金融勤務、あるいは外交官、商社マン当たりと結婚したいと思いますね。
外資系金融が良いのは、お金持ってそうだから。
外交官もリッチな生活できそうだし、海外駐在できそうだし、駐在者の妻コミュニティーカーストのトップに立てそうですからね。
商社マンも給料が高いし、海外駐在できそうです。
大手航空会社(ナショナルキャリア)勤務もよさそうですね。飛行機に安く乗れるからね。

でも、やっぱり起業家(大成功している人)とか、資産家一族とかが一番かな。

いずれにしても、いまの時代、勤める会社だけで判断はできないですね。
終身雇用が崩れているし、企業の盛衰も激しいです。

興銀、山一証券、東電あたりは、20年前は、みんなが羨むような企業でしたが、いまは存在しなかったり、見る影もなかったりします。
メガバンクや大手家電メーカーも、昔ほどの輝きはないし、大規模なリストラを敢行したりしてますからね。
大手の新聞社、テレビ局、出版社等のマスメディアも、高給で就職人気も高かったですが、これから厳しくなりそうです。

そんなこんなで、もはや、こういう調査自体、意味が無くなってきているんじゃないの?
って思います。

本当にこの資本主義社会でおいしい思いをしたければ、公務員や会社員じゃなくて、資本家と結婚すべきです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です