飲み会

いまは会社に通っていますけど、個人として駐在契約しているので、会社員ではありません。
でも、一緒に会社の人たちと飲みに行ったら、僕が多めに払います。
というのも、他の人たちよりも、僕の方が収入が高いからなんですよね。

別に、高額の報酬を貰っているわけではありません。
沖縄の人件費が安いんです。
人件費が安いからこそ、沖縄に会社を作っているわけですから、当然と言えば当然なのですが、それにしても、給料が安いです。

さて、会社によってカルチャーが違うのが面白いです。
飲み会もまたしかりです。

前に勤めていた会社では、飲み会は職階別に傾斜を付けます。
どのくらい傾斜を付けるかというと、年収を参考にしていると思いますが、年収の比率よりも大きく傾斜を付けていました。

例えば、下記のような感じです。

管理職:8,000円
中堅社員:5,000円
新入社員:3,000円
派遣社員:2,000円
ところが、いま通っている会社では、ほぼ割り勘なんですよね・・・

管理職(東京から転勤で来ている)と派遣社員でほとんど傾斜を付けません。
例えば、こんな感じです。

管理職:4,000円
正社員:3,500円
派遣社員:3,000円

歓送会や打ち上げだと、多少の傾斜を付けることはありますが、非公式な飲み会だと、完全に割り勘なこともあります。
東京からの転勤族(沖縄では取締役クラス)と、現地の派遣社員だと、おそらく年収は5倍くらい差があると思うのですが・・・

で、先日、会社を辞める若手社員の送別会をやったんですが、「Aさん(取締役)とBさん(管理職)には声かけるのやめましょう。どうせ割り勘にされるんですから」という話になって、現場スタッフだけで送別会を開催しました。
もちろん、AさんとBさんには秘密にしています。
「何で声かけてくれなかったの?」と言われてしまいますからね。

自由にモノが言えないと思うし、仕事の話をされると興醒めになるでしょうしね。
「オレたちより稼いでいるのに、割り勘にされて、その上に詰まらない話を聞かされて溜まんねえよ!」
というのがホンネでしょうね。

平社員にとってみると、「割り勘にされてまで、勤務時間外に上司となんか飲みたくなんかない」!」というのも良く分かります。
そんな感じで、結果的に上司の部下の溝が広がってしまっています。

だからというわけではないけど、会社の飲み会は傾斜を付けるべきだと思うし、部下と飲みに行ったときは基本は驕るべきだと僕は思います。
僕はケチだし、公式の飲み会以外で部下と飲みに行く機会はあまりなかったけど、行ったときは驕ってましたね。
驕らないまでも、最低限、収入の比率程度の傾斜は付けるべきだと思います。

一方で、合コンやデートで男が全額おごるというのは、そろそろやめた方が良いと思いますね。
「男女平等」が叫ばれているし、女性も男性同様に稼ぐ時代が来てますからね。
こちらも、やはり収入を目途に傾斜を付ける感じが良いんじゃないかと思います。


2件のコメント


  1. そもそも、相応の収入があるのなら、少し多く出す、さっと1万円だしとけばいいのに!と。昔は、そういう人が多かったんですけどね。今は、本当に割り勘って、何を考えているやら。

    それはそうと、8000万円は、さすがにないない(笑。記載ミスだと思いますが^^

    返信
    • bucketlist

      アッ!打ち間違いでした。失礼しました。修正しました(笑)
      まあ、完全おごりである必要はかならずしもないし、過度な傾斜を付けることもないと思いますが、地位も収入も違う間柄で完全割り勘ってのは、ちょっとどうかと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください