株価チャート

来年度の税収、バブル期に並ぶ高水準に

景気の良い話ですねえ。

一方で、「収入が増えた」という話はさほど頻繁には聞きませんね。
少なくとも、法人税は増えてるんでしょうねえ。
あと、株や不動産の売却税なんかも増えてそうです。

僕自身は、今年は退職金と株の売却益でだいぶ税金取られるので、日本の税収増に多少は貢献していると思います。

さて、企業の利益が増えている割には、給料が増えてないってことは、会社員が会社に搾取されている割合が増えてるってことでしょうね。

高収入の会社員が増税になるというニュースもつい最近出てました。

年収800~900万円超で増税に…控除見直し

格差の是正は正しいことだと思いますし、大手企業に巣くっている、高収入の使えないオジサンサラリーマンから搾り取るのは悪いことじゃないと思います。

ただひたすら馬車馬のように働いて、会社に利益をもたらして、やっと年収800万円~900万円以上の収入を確保している会社員もいますからねぇ。
会社員は、税金を減らそうと思っても、なかなか難しいです。

考えてみると、会社員は、企業に搾取され、税金という形で国家に搾取され・・・という、二重搾取の状態にあります。
さらに、専業主婦を抱えていると、配偶者にも搾取されるという三重搾取の状態に置かれてしまいます。
これなら、お金が貯まらないのもムリないですね。

彼らは、搾取されながら、見かけ上は安定した収入が確保できるので、借金して家や車を買ったりして、消費という形で日本経済に貢献してくれます。

実際、東京に住んでいた頃、年収1千万円を超える人で、専業主婦と子供を養っている人が何人か知り合いにいましたけど、そんなにリッチな生活してなかったですからねえ・・・

自力ビジネスをして、自分で稼いでいる人は、資本家に搾取されることもないし、税金を減らす方法もあるので、国家に搾取される割合も低いです。
もちろん、その分、収入は安定していないし、事業リスクも抱えているわけですが。

日本という国が大好き!、会社が大好き!、家族も大好き!
という幸福な人であれば、大好きな国や会社や家族にお金を貢いでも幸せでしょう。

僕の場合は、日本は好きですが、お金を貢ぐほど好きではありません。
会社は嫌いじゃないけど、好きでもないから辞めちゃいました。
家族はありません。実家とも絶縁状態です。

みずから進んで搾取されたい相手なんていませんね。
それが幸せかどうかはさておきですが。

「搾取されるのが嫌だから、会社を辞めて自分でビジネスをやる」という選択肢は、大半の会社員の視野にないんですよね。
会社に居座って、既得権益を享受した方がオイシイのかもしれません。
でも、これは落とし穴です。
実際、飼い殺しにされて、覇気を失ってしまっている人を沢山見てきました。

「一流大学を卒業したら、日本では大手企業に就職しようとするが、アメリカでは起業しようとする」と言われますけど、資本主義社会において、「搾取される側ではなく、搾取する側に回る」という意味では、アメリカのエリートの方が正しい選択をしているんだと思います。

日本がそうなっていないというのは、日本が完全な資本主義国家でないか、日本の一流大学卒が非合理な行動を取っているかのいずれかになります。
まあ、両方なんでしょうけどね。

いずれにしても、「会社員になること」「会社員として働き続けること」は、依然と比べてもオイシイ選択肢ではなくなっているし、これから益々そうなっていくんだと思います。


2件のコメント


  1. 社会保障費を削れる政策をしない限り、少なくとも団塊の世代やそのJr達がいなくなるまでは、取れるところかとっていかないとという風潮は止まらないのかなと。
    よくもまぁ、中間層から絞るだけ絞るよなぁというのが感想です。

    リソースは集中して、そして若い世代への資金の投入しなければ先細りは確実だろうにと思うだけに。

    返信
    • bucketlist

      本当にこの傾向は何でしょうね? 働き盛りの高収入の会社員から国家が搾取して、高齢者や専業主婦に再配分していたら、日本経済も低迷するだろうに・・・と思います。
      会社員は税金逃れがしにくいので、仰る通り「取れるところから取ろう」という発想なのかもしれませんが。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください