会社を辞めて成功する人・失敗する人:5つのポイント、クリアできますか? フリーランスを目指すなら

僕がよく紹介している、投信1の記事です。

5つのポイントとは、下記の通り。

【POINT 1】会社の仲間はあなたの送別会、してくれますか?
【POINT 2】「辞めてから考える」のはなかなか難しい
【POINT 3】独立当初は固定費を抑えて。見栄を張る必要はない
【POINT 4】会社員時代よりも怒りを抑えられますか
【POINT 5】結局は「付き合いたい人」になれるかどうか

僕がいくつ当てはまっているか、検証してみましょう。

【POINT 1】会社の仲間はあなたの送別会、してくれますか?
⇒してくれた。辞める直前の部署、それより前の部署など、公式的には3回やってもらいました。
同期や先輩などから個人的にやってもらったものも含めると、5回以上はやってもらったかな。
僕より人脈のある人はたくさんいて、同時に早期退職した人の中には、最後の1か月はほとんど送別会だった人もいます。

【POINT 2】「辞めてから考える」のはなかなか難しい
⇒辞める前に考え抜いた。もちろん、企業を考えていたわけではなく、現状の資産をベースにして、どうやってヤリクリするか。
退職後の資産運用をどうするかについては、徹底的に考えたつもりです。

【POINT 3】独立当初は固定費を抑えて。見栄を張る必要はない
⇒固定費は全然かかってないですね。そもそも、企業に派遣されているので。
別の会社から貰っているお小遣い的な仕事、ヤフオク、ブログの執筆なども、基本はこれまであるもので、ほとんど何とかなってます。

【POINT 4】会社員時代よりも怒りを抑えられますか
⇒これは当てはまらないな。そもそも、怒りを覚える機会がほとんどなくなりましたね。
苛立つことがないわけではないけど、さほど忙しくないので、心に余裕がありますからね。
そういう意味では、怒りが抑えられる状況にあるとは言えるかもしれませんが。

【POINT 5】結局は「付き合いたい人」になれるかどうか
⇒これも当てはまると思います。少なくとも、会社員時代は大半の人からは嫌われてはなかったと思います。
沖縄で現地の人とうまくやっていくには、仕事ができるか否か以上に、どれだけ彼らに受け入れられるか、というのにかかっています。
そこを十分満たしていると思ってもらえたから、声が掛かったと思います。

ということで、5つのうち、4つは満たしてました。
独立してうまくやっていくには、仕事の能力はもちろんですが、性格や気持ちの持ち方も重要だと思います。

会社員時代と比べて、自分が成功しているかどうかはわかりませんけど、会社員時代の収入よりは落ちるけど十分生活できるだけのお金は稼げているし、投資でも十分な利益が上がっているので、少なくとも失敗ではないと思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください