☆☆ ブログ沖縄移住で人生リセット!の再録です ☆☆

仕事

沖縄に来て3ヵ月経ちます。

そんな中、最近、職場でいろいろありました・・・

沖縄の人たちは、たしかに親切です。
先日も、仕事あがりに寄り道しながら街を歩いていると、中学生くらいの少女が熱中症で倒れていて、3人くらいの人が寄って助けてました。
3人とも赤の他人っぽいんですよね。
東京だと、ここまではないと思います。

仕事でも、基本は助け合おうという精神があるし、他人を蹴落として自分がのし上がろうという人はあまりいません。
少なくとも東京よりは少ないと思います。

ちなみに、仕事は残業はあまりないし、たとえあったとしても、残業時間は東京の半分以下で収まります。

理想的な労働環境のように見えます。

でも、実際はそうでもないんですよね・・・

結構、精神的に参ってしまう人もいたりするし、なかには会社に来なくなってしまう人もいたりします。
人間関係の近さは、救いになるところもありますけど、ストレスになるところもあると思います。
仕事のストレスや、人間関係の悩みって、東京であろうが、沖縄であろうが変わらないんですよね。

仕事に対する情熱が薄いところもあるので、やる気のある人は、そのやる気が空回りしてしまったりもします。
東京(あるいはその他の大都市)から降ってくる仕事をこなす・・・というのが仕事の大半なんですが、沖縄側では自分で創意工夫する余地はあまりありません。
そういうことは、東京(あるいはその他の大都市)のエリートがやるもの・・・という感じなんですよね。

普通にオフィスワーカーをやっているから、そうなのかもしれません。

他の移住者のように、帰農するとか、自分でお店を開くとか、地域活性化のNPO法人を立ち上げるとかすると、生活は大きく変わるかもしれません。
でも、別に僕自身はそういう生活が送りたいとは、特別思わないんですよね。
オフィスワーカーが別に好きなわけではないけど、都市から離れた不便な田舎に住むのはあまり本意ではないんですよね。

思うんですけど、どんな仕事してもそれなりのストレスやプレッシャーはあるんじゃないかな?
フリーランスでやるにしても、取引先に報酬に見合った成果を出すことは求められるし、ブロガーやライターみたいな表現者として生きるにしても、ちゃんと読まれるものを工夫して書かないといけない。
働くということは、「自分の好きなことをやる」ということよりも、「人がお金を払ってくれることをやる」ことです。
たまたまそれが一致していればいいんだけど、なかなかそうはいきません。

「俺は好きなことして稼いでるぜ!」みたいなこと言う人って結構いますけど、裏側では色々と苦労してるんじゃないかなあ。

ちなみに、いろいろあるけど、僕自身はあまりストレスは感じていません。
仕事自体、あまりしたくはないので、モチベーションを維持し続ける大変さはありますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください