ビジネス男女

なかなか考えさせられるブログ記事見つけました。

大陸欧州と比べてわかる日本の労働者の働き方の「ヤバさ」について

うーん。

それなりに、日本という国を愛している身としては、「日本は遅れている」みたいなこと言われるのは心地よくありません。
でも、いまや「日本はすでに経済大国ではなく、たまたま人口が多いだけのただのアジアの島国」というのはある意味真実かもなあ・・・と思います。

「勤勉は日本人の美徳」なんて自他ともに言われていた気がするんですが、それって幻想だったんでしょうかね?
長い経済停滞と、度重なる労災問題で、一生懸命働くことの意義が薄れてきているのはたしかだと思います。
東京でもそう思っていたし、沖縄に来てさらにそう思うんですが、日本は世界に冠たる先進国(だった)はずなのに、多くの人たちが低賃金の労働を余儀なくされているんですよね。

「働くのは金のためではない、やりがいのためだ」みたいな風潮が、根性主義をはびこらせて、低賃金の労働を既成事実化してしまっているのかなあ・・・

終身雇用の弊害もあると思いますね。
最初に就職活動で勝利を収めれば、よほどのことがない限り会社をクビになることもないし、能力がさほどでなくても、給料が大幅に下げられることもない。
そんな中で、生産性を考えろ!という方がムリがある気がします。

僕自身、仕事を辞めて、個人で会社と年間契約して働いている身になったので、「自分は貰っているお金分の働きをしてるのか?」と常に自分に問わざるを得ません。
だらだら働くのではなく、効率的に短期間で稼ぐにはどうしたらいいか、を考えます。
そうでないと、翌年は切られてしまうんですよね。
まあ、切られても全然平気だし、自分から更新を断るかもしれないんですが。

僕自身は、勤勉なのは大切なことだと思うし、もらうお金の多寡にかかわらずベストを尽くす人は高く評価しますけどね。
でも、経済活動を行う以上、効率とか収益性とかは常に意識する必要はあると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください