YouTuberが儲からなくて大変らしいですね(山本一郎)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20150119-00042372/
という記事を見つけました。
こういう情報が出てから便乗して言い立てるのは、後出しジャンケンで紳士的でない行為であることは重々に理解してはいますが・・・
「いつかこうなるんだろうな」という予感はありました。
1年半ほど前でしょうか。
はじめてYouTuberの存在を知った時、「これで商売成り立つんだろうか??」と疑問を抱いたものです。
プロの映像クリエイターとも言えないような人が、企業の商品を紹介して、それを人々が自ら進んで動画を再生して視聴するという行為が理解できませんでした。
結局、私の疑問は間違っていて、YouTuberは脚光を浴びたわけですが・・・
もちろん、自分の力で新しい道を切り拓いてきたYouTuberの方々には敬意を抱いています。
しかし、「YouTuberは儲かる!」的な風説を流布してきた方々に対しては、「ちょっとどうなんですか?  あなた方??」と問うてみたい気もします。
最近の近しい例では、「LINEのスタンプ」というやつがありますねえ・・・
株やFXなんて、恒常的に「簡単に儲かる!」的な売り文句が踊ったりしてますが。
そう言えば、私が会社に入って数年後「ITベンチャー!」「ITベンチャー!」と叫ばれていて、会社を辞めて起業したりベンチャー企業に転職したりした人が何人もいました。
下の世代では、普通に就職せずに起業した人もいます。
その後、彼らはITバブルの崩壊で悲惨な目に逢いました。
もちろん、少数の優秀な人は生き残って成功していますがね・・・
一方で、煽ったメディアの方々は、いまでも安泰です。
まあ、凡人は既得権益に乗っかって、着実に稼ぐのがよろしいかと思います。
YouTuberよりは、裁判を起こしてでも大手キー局のアナウンサーになった方が確実でしょうね。
でも、それはそれで学歴と優れた外見とセルフブランディング力が必要になるので大変だよなあ・・・
まあ、いずれにしても世の中大変ですよ。
簡単に成功できるほど甘くはないですよ。
世の中の売り文句が本当なら、いまごろ僕もセコセコ働いて、セコセコ稼いだ給料で、セコセコ株を買ったりしてませんよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください