前回の日記に関連して、書いておきたいことがあります。
安倍内閣は「すべての女性が輝く社会づくり」を推進しています。
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/josei_link.html
結構なことですが、同時に「すべての男性が輝かなくてもよい社会づくり」をして貰いたいと私は考えています。
「これまで女性は虐げられていた」というのは、紛れもない事実だと思います。
しかしその一方で、女性が守られていた部分もあると思います。
女性は結婚したら、主婦になるという選択肢が与えられています。
未婚女性においても、「人の価値が経済力で判断されない」という側面もあります。
女性は結婚相手に求める条件として「経済力」を重視します。
男は経済力がないと子孫さえ残せない可能性があるわけです。
要するに女性には「(無理して)働かなくてもよい」という選択肢が与えられているわけです。
男性もそうしてダメというわけではないですが、専業主夫は「ヒモ」「プータロー」といった、白い目で見られます。
無理して働かず、低収入に甘んじている男性は「負け組」というレッテルを貼られがちです。
男は「働いて金を稼ぐ」という責任を社会から負わされているわけです。
全ての男性がそうしたいわけではないと思います。
働きたくない男性、そこそこの労働とそれなりの賃金で十分だと思う男性もいるでしょう。
しかし、世の中は男性を経済力で格付けするので、働かない生き方を選ぶのは難しいのです。
男性から「もっと女を働かせて俺たちを楽させろ!」みたいな声が出てきても良いと思うのですが、なぜか出てきませんね・・・
『年収100万円の豊かな生活術』の著者も「今の生活は幸せだけど、結婚して家族を残せなかったことは心残りだ」みたいなことを書かれています。
私も「会社を辞めたら、結婚して子孫を残す可能性は激減するんだろうな……」と思います。
安倍内閣には、女性が働きやすい社会をどんどんつくっていただきたいものです。
そして、
・合コンやデートは割り勘
・結婚後も女性は働いて、生活費は折半、家事や子育ても協力し合ってやる
・男の勤務時間が減り、自由時間が増える
・男が非正規労働者でも恥ずかしくない
・女性も結婚の条件として「経済力」が求められる
・男が専業主夫として堂々と生きていける

そんな社会を築いていただきたいものです。
「そういうこと言っているから、お前はいつまで経っても結婚できないんだよ」とか言われるわけですが・・・

【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収100万円の豊かな節約生活術 [ 山崎寿人 ]

【楽天ブックスならいつでも送料無料】年収100万円の豊かな節約生活術 [ 山崎寿人 ]
価格:1,182円(税込、送料込)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください