年末年始は仕事でバタバタしていたり旅行に行ったりしていて時間に余裕がなかったですが、やっと3連休を迎えて、行けていなかった美術展や映画に行ったりしています。
kawasehasui
hodler
会社員であることで守られている点も多いのは事実ですが、会社員は損だ!と思うことも多々あります。
美術館・図書館・役所など、空いている時間が会社員の勤務時間帯と被っており、平日はほとんど利用できません。
行きたい演劇やコンサート、セミナーが平日の真昼間に設定されていることも多々あります。
あるいは、週末の方が割高だったり。
いちばん真面目にきっちり税金を払っているのは会社員なのに、その恩恵を一番享受できないのが会社員というのも、理不尽じゃないの
と思います。
会社員は、一番混雑している休日に利用せざるをえない……
そういう意味では、六本木ヒルズはビジネスパーソンのメリットを追求した素晴らしい施設だと思います。
あのハイソな雰囲気は好きにはなれないけど、美術館は22:00まで空いているし、勤務時間と重ならない朝や夜にセミナーをやっていたりするし、映画館は深夜までやっています。
こういうことは民ではなく、公が率先して(税金を使って)やるべきだと思います。
あと、僕よりも勤務時間も収入も少ない女性が夜早めに仕事を上がって、楽しそうに外食している写真をFacebookなんかにアップしているのを見ても、割り切れない気持ちになったりします。
仕事が忙しいビジネスパーソンがコンビニ弁当やファーストフードで夕食を済ませている状況なのに……
日本を支えるエリートの生活の質が低いこの国ってちょっとどうなんでしょうか?
まあ、別の見方をすると、平等で良い国だとも言えなくもないのかもしれませんが……


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください