「木こりのジレンマ」の話題が拡散してます。

「木こりのジレンマ」という説話の木こりがとても社畜的すぎる

木こりの刃がこぼれているのに、刃を取り替えようとせず、延々と時間をかけて木を切り続ける。

たしかに、社畜的なところはあります。

例えば、経理の処理に関して、必要でない非効率的な方法が延々と続いていたりします。
エクセルでも関数やマクロを使えばすぐできることに延々と時間をかけたりします。
必要のない根回しで、時間と労力を消耗したり・・・

でも、これって仕事に限らないんですよね。
部屋の掃除で、モップを使えば良いのに、しゃがんでぞうきんがけするとかね。
僕自身、スマホのアプリを使えば簡単にできることを、手作業でやっていたりすると思います。

資産運用にも成り立ちます。
うちの親(自営業)がそうなんですが、個人型確定拠出年金と共済年金を積み立てれば、税金が優遇されるのに、そういうことはいっさいやらず。
変動金利3%で頭金なしでマンションを購入したりしています。
本人は「資産を作るため」と言っていますが・・・

「それは非効率的だ」「無駄が多すぎる」と言っても、「いちいち調べている暇がない」「そんなにマメな性格じゃない。性格はそう簡単に変わらない」と開きお直られます。

あまり人のこと言えないところもあるのですが、仕事でもプライベートでも、自分がやっていることが本当に合理的なのか、効率的なのかを一度見直してみると良いと思いますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください