SBI証券 DC

トヨタ外国人副社長、報酬7億円は高すぎ? 社長の2倍

高すぎるかどうかはさておき、こういう現象は別に不思議ではないと思います。

豊田章男社長が保有しているトヨタ株は460万株と言われています。
配当は、1株200円だから、配当金の総額は9億2千万円。

アラ不思議!
副社長の報酬より多いですね。

ソフトバンクなんかもっと凄いですよね。
ニケシュ・アローラ氏の報酬は最高時で165億5600万円。
孫正義氏の役員報酬は95億円。配当金が92億4840万円

合計すると、孫氏の方が多い。
ニケシュ・アローラ氏もソフトバンク株は持っているかもしれませんが・・・

いずれにせよ、役員報酬+配当収入で、社長の金額を超えないように調整してるんだろうか? と思いますね。

高額の報酬を払っても、それを上回る収益をあげてくれれば、増配もできて、社長の収益も増える。

合理的なことだと思いますよ。
まあ、雇われ社長で、平役員の方が報酬が高いと、不公平感はあるでしょうけどね。

要するに、資本主義社会では、経営者よりも資本家の方が偉いということです。
一番偉いのは、社長兼資本家ですけどね。
そういう意味では、創業者は偉いですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください