老人

サントリーの新浪社長が、「45歳定年説」を唱えて、炎上しましたねぇ。

サントリー社長の「45歳定年発言」が炎上 会社員が“準備”しなければいけないこと

僕自身、ちょうど45歳になった直後に会社を辞めたわけですけど、「辞めて良かった」とつくづく思っています。

もちろん、人によって考え方はそれぞれだと思うし、家族(配偶者や子供)がいて、自宅のローンも残っていたりする人には、45歳で会社を辞めるなんて、とんでもない話だと思います。

たしかに、新浪社長も言い方が悪かったとは思います。
というか、本音がポロっと出てしまって、それが一般庶民を逆なでしたという方が正しいのかもしれませんが。

でも、いまのご時世、45歳になっても管理職になれない人もたくさんいるし、管理職になったらなったで、責任が重くなる割に、仕事が面白くなくなったりして、会社に残っても恵まれた環境で過ごせるとは限らないんですよねぇ。

会社に残って、違うことをしようと思っても、年齢が年齢だけに、なかなかやらせてもらえないし、全く違った部署に行ったり、全く違った仕事をしたりしても、歳を重ねれば重ねるほど、順応するのが難しくなるのも事実です。
(周囲もなかなか順応させてくれないし)

日本企業に勤めていると、転職を繰り返すことはいまだ一般的とは言えないので、他の世界を知らずに1つの会社に居続けたりしますが、それはいまの時代はリスクになったりもします。

会社側から強制的に辞めさせられる(クビを切られる)制度をつくるのは考え物だとは思いますけど、自分自身で会社を辞めて何ができるか考えたり、意識的に新しいことを始めたりするのは重要だと思うんですよね。

自分の市場価値が大まかにでも把握できていれば、会社に残るにせよ、辞めるにせよ、残された現役時代に何をやっていけば良いのか、より意識できるようにもなりますからね。

僕自身は、別に会社が嫌いではなかったですが、このまま会社に残っていたら、完全に煮詰まっていたと思います。
自分で自分をリストラしたおかげで、自分の新しい可能性・・・というよりは、根本的に自分がやるべことがより鮮明に見えてきたと思うんですよね。

会社を辞めないまでも、45歳になったら、自分を真剣に見つめ直してみるのも良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください