一昨日のことになりますが、東京福祉大で、わいせつ罪で実刑判決を受けた総長が復職されたというニュースが出ていました。

わいせつ罪実刑の元総長復職 東京福祉大「人格が卓越」

復職の理由として「人格が卓越している」とか、本当に訳がわかりません。

外から見ると不可解極まる話ですが、一方で、「こういうことってありうるよねえ・・・」と変なところで納得してしまうところもあります。

実は、僕の大学の研究室の指導教授もとんでもない人でしたよ。

学部長ではなかったんですが、影の権力者で、学部長も頭が上がらない人でした。要するに傀儡政権ですね。
学部長やら他の教授やらを手足のように使い倒していたのですが、人事権は実質彼が握っていたので、誰も逆らえなかったんですよね。

学生の前で、他の人の悪口を言ったり、罵倒したり平気でやっていたし、助教授や助手は下働き同然で、研究の雑用だけでなく、プライベートなことでも使い走りをさせられていました。

定年退官後は、高専の校長になったんですが、職員を監禁したとかで裁判沙汰になったそうですが、それでも校長の座に居座り続けたんですよねぇ。

結局、誰も逆らいようがなくて、周囲がみんな持ち上げる(心の底では恨んでいる)から、トラブル起こしたところで臆面もなく役職にしがみつく。

大学をはじめ、学校は閉鎖的で権力が集中してしまうので、会社よりも異常なことが起こりやすいと思います。

会社と言えば、DHCの吉田会長のヘイト発言も大概ひどいですね。

DHC会長が在日コリアンに対しヘイト発言か 公式サイトの文章がSNSで炎上

賛同されている嫌韓・反韓の人もいるようですが、嫌韓・反韓でもこれは完全にアウトでしょう。

韓国の不当な主張は日本としては退けるべきだし、在日韓国人が不当な利権を得ているのであれば、それは解消すべきだと思いますが、この発言は全く根も葉もないことを言って、競合他社を貶めてますからねえ。

これをDHCの公式サイトでやっているのも驚きですし、DHC広報部も「回答することは特にない」とか言ったりしていて、これも驚きました。

こういうことは、吉田会長個人の意見として言って、個人として全部責任を負うべきだと思うんですが、会社の媒体を使ってやったらダメだと思いますし、社員の人たちはどう考えてるんだろうなあ・・・と思ってしまいます。

組織はトップから腐っていくものだなあ・・・とつくづく思いますね。

僕自身は、大学時代にかなりおかしなことを体験しましたが、それ以外は腐った組織には属したことはないですね。
(僕がいた会社もおかしな役員人事をよくやっていましたけど、おかしな人は社長や副社長までは行きませんでした)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください