正社員と非正規社員の待遇格差を巡って起こされた訴訟がについて、非正規社員に対するボーナスや退職金について、「不支給は不合理とまでは言えない」という判断が下されました。

ボーナス、退職金認めず 格差「不合理でない」―非正規訴訟判決・最高裁

現行の法制度では、こういう判断がされるのはしょうがないのかなあ・・・とは思いますね。

正規と非正規で、仕事内容や背負わされている責任が違うのであれば、こういう格差があるのはやむを得ないところはありますね。

海外の方が、職階による格差は大きかったりするので、日本の方が不平等とは一概には言えないところもあります。

ただ、日本の問題は、同一内容の仕事をしていても、正規と非正規で差が出たりいしている点ですね。

実際、僕の会社員時代も、窓際管理職が、会社の経費でゴルフ雑誌を買って、会社でそれを読んでいて、ほとんど仕事はしていませんでしが、彼の年収は1000万円超えていました。

優秀な派遣社員がバリバリ仕事していたんですが、彼女の年収は、恐らく、せいぜい300万円台くらいだったと思いますね。

非正規社員にも、「与えられた簡単な仕事だけこなせばよい」という人もいるし、「正社員がやっている仕事でもどんどんやる」みたいな人もいます。
実際、後者のような人と何人か一緒に仕事していましたが、期限が切れるとまた別の仕事を探さなければならないんですよねぇ。

契約社員として雇用すれば良いんですが、そういう人が誰でも契約社員になれるわけではありません。

使えない管理職や、その予備軍を1人切れば、契約社員を2名は雇えるので、そうした方が会社にとっても良いんですが、なかなかそうも行かないんですよねぇ。

個別の裁判だと埒はあかなさそうですね。
日本企業の雇用のあり方を根本的から見直さないと、労働環境の不平等は是正されないと思いますよ。本当に。

会社を辞めて自由人になってみて、つくづく思うんですけど、既得権益に乗っかることは、お得ではあるけども、幸せではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください