会社員

昨日、ブログにブラック企業に勤める女性から相談を受けた――という話を書きました。

ブラック企業勤務女子から相談を受ける

僕の周辺には、ベンチャー企業を退職したけど再就職先が見つからない人、客室乗務員になりたかったけど、採用がないので別の業界に就職活動している学生など、影響を受けた人が結構います。

プレコロナ時代の日本は人手不足で、労働者にとっては「売り手市場」と言って良い状態でした。

新型コロナによって、歯車が逆回転しはじめてしまい、雇用状況は悪化してしまいました。
だからこそ、ブラック企業や、待遇が悪い企業にも人が集まって、労働者が酷使される状況が続いてしまうんですねえ・・・

個人事業主の友人の多くは、仕事が激減したり、全く仕事がなくなったりしています。

ただ、労働者が全員あおりを食らっているかと言うと、そうでもないんですよねえ。

僕の知っている東証一部上場企業のメーカーに勤める友人は「在宅勤務になったこと以外は、別に影響はないし、経済危機だ!とか言われても実感はない」と言っていました。
金融業界に勤める友人も、「さほど影響はない。確かに残業手当は減っているが、在宅勤務で特別手当がついて、むしろオイシイ状況」と言っていました。

給料もボーナスもちゃんと出るし、仕事もなくなってないんですよねえ。

先週、前の会社の同僚のオンライン飲み会に誘ってもらったのですが、「大変だ」とは言ってはいたものの、究極的には「これまで通り働いていれば食いはぐれはないだろう」という意識が垣間見えるんですよねえ。

大企業勤務の人たちは比較的安泰で、個人事業主、非正規労働者、中小企業の社員が苦境に陥っている・・・という印象です。

新型コロナで人々の価値観やライフスタイルも変わり、働き方やビジネス慣行にも大きな変革が起き、芯がったコロナ収束後は新しい時代が来る!!

みたいなことが言われたりもしていますが、僕の周辺の人たちを見ていても、そうなるようには見えないですねえ。

むしろ、大企業勤務の社員が勝ち組になり、格差も広がり、ブラック企業は一向に亡くならず、弱小の労働者は搾取され続け――という状況が続くんだろうなあ・・・と思います。

コロナが収束しても、しばらくの間、日本は停滞し続けるだろうし、中長期的に見ても、ゆっくり後退していくんだろうなあ・・・と思わざるを得ないですねえ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください