スーツ

世の中は連休ですが、ちょうど連休前に、前職で仕事でつながりがあった30代前半の女性から相談を受けました。

彼女は、僕の勤務先の関連会社に勤めていて、一緒に仕事をしたこともあるのですが、人間関係に悩んで、今年の3月末で会社を辞めてしまいました。

  • 平行して就職活動をしていたのですが、その途中で新型コロナが深刻化してしまい、転職活動がうまく行かなかったんですね。

1社だけ採用してくれたベンチャー企業があり、結局はそこに行ったんですが、そこが完全なブラック企業だったんですよねぇ。

その企業は、古い業界にIT化を推進して成長していて、いまは社員も100名を超えていて、いずれ上場するだろうと見られています。

業界内では新進気鋭の会社としてそこそこ知られています。

ところが、内実は酷かったんですよねえ。

  • 上司や先輩が仕事を教えてくれない(そもそも離職率が高すぎる上に、残っている人が忙しすぎて、教えるキャパがない)
  • 根性論が横行していて、「できないのはお前が悪い」と言われる。
  • 仕事量が多すぎてこなせないと、「要領が悪いからできないんだ。優先順位をつけて効率よくこなせ」と言われるが、具体的なやり方は誰も教えてくれない。
  • 離職率が高すぎて、担当がころころ変わるので、取引先にも怪しまれているが、「前任者は退社した」とは言えず、「配置換えで別の仕事をやってます」とウソをつかされている
  • 彼女自身も、「新人です」とは言えず、「前からこの会社にいて別の仕事をしていました」とウソをつかされている
  • 経験が浅いのに、それを取引先にバレないようにしないとならないのがプレッシャーになっている。ウソをつき続けて、辻褄を合わせることもストレスになっている
  • 深夜や休日も仕事をしているのに、残業手当は付けてもらえない
  • コロナ禍なのに、社内の結束高めるために「全社会」を行って、社長がそこで訓示を垂れている
  • 社内のイントラネットでも、社長が日々根性論を語り続けるので、嫌気が差してしまっている

「ベンチャー企業」って、格好良さそうに見えても、その多くは経営者がワンマンのブラック企業なんですよねえ。

無責任なアドバイスはできないんですけど、今回の場合は彼女も限界のようだし、このままいくと、精神を病んだり、体を壊したりしかねないので、「辞めたほうがいいじゃないの」と伝えました。

ただ、辞めても転職先が見つかるとは限らないんですよねえ。

彼女は仕事のスキルは十分とは言えないんですが、人当たりは良くて、コミュニケーション能力は高いので、それなりのところに落ち着いても良いんじゃないかなあ・・・とは思うんですが。

別のベンチャー企業勤務の友人も、仕事が厳しい割に待遇も悪いので、最近退職してしまいました。

彼も、次の仕事を見つけるのに苦労しています。

本当に、コロナの影響って深刻だなあ・・・と思いますが、それだけではなく、日本企業の多くは社員の過当な労働力に頼らないと稼げないんだなあ・・・とも思うわけです。

逆に言えば、働かなくてもお金に困らない、いまの自分の生活って、とても恵まれているんだなあ・・・と改めて実感します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください