やっと週末ですね。

気候も良く、気持ちのいい休日です。
さて、ブログ引越し直後は、アクセス数も低迷していましたが、だいぶ回復してきました。
本ブログは、将来的に収益を生むための準備として運用しています。
そんなわけで、ブログ運営に関しても勉強しています。

武器としての書く技術 (中経出版)  イケダハヤト
「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記 ちきりん

この2冊を読んだので、簡単にレビューしておきたいと思います。
二人とも著名なブロガーですが、別に好きなわけでも、彼らの主張を信奉しているわけでもありません。
ただ、ブログで食べている先人として、学ぶべきところは多いと思いました。
・・・ひねた書き方ですが。

どちらが勉強になったかというと、イケダハヤト氏の方ですね。
文章の書き方、ネタの集め方から、アクセスアップの方法について、基本的なところが網羅されています。

ちきりんの本は、電子書籍がネタになっているそうですが、編集が甘いと思いました。
有名になった後、どうやって自己ブランドを維持し、高めていくのかというノウハウのウエイトが大きいのですが、そもそも大半のブロガーはそこまで行っていないので、有用でない部分もあると思います。

両者ともに共通しているのは、ブログでは曖昧な書き方をするのではなく、断定的に語ることが重要だということです。
炎上を恐れてはいけないとも・・・

例えば、「分散投資って本当に必要?」とか「分散投資は多くの人には有用だけども、才能がある人は集中投資でもいいかもしれない」みたいな書き方はインパクトが弱い。
「凡人のあなたは分散投資しかない」とか書くべき。
うーん。僕はこういう書き方してないし、できないなあ・・・

ブログは、論争生んでナンボ、炎上してナンボというのはあるかもしれない(こういう書き方はよくないのだが)けど、断定的にモノを言えるほど、自分の主張に自信があるわけでもないですからね。
まあ、参考にしつつも、自分なりのやり方で、アクセスを増やして、収益化する道を考えたいと思います。
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください