結婚

金融日記の藤沢数希さんみたいなネタですが・・・

ニュースに渡部建って名前が出ていて、誰だよ??

と思っていたら、佐々木希の旦那さんのことね。

アンジャッシュ渡部建、AV女優ら複数人と不倫 妻・佐々木希を裏切った…レギュラー番組など出演自粛申し入れ

世の中、セックス中毒みたいな男って結構いるんですよねぇ。
昨日のブログにも書いた箕輪厚介さんなんかもそうじゃないかって思っているわけですが・・・・

本当に有害なのは「働かないおじさん」ではない

こういう人って、結婚していようがいまいが、ヤッちゃうんですよね。

昔は、芸能人は不倫や浮気なんて普通のことだったんですが、いまはそうはいかないんですよねえ。
しかも、新型コロナ以降は「複数の異性と濃厚接触する人」は、さらにバッシングを受けやすくなるでしょしねえ・・・

余談ながら、ピューリタリニズムの禁欲主義が生まれたのは、梅毒(性病)の蔓延が影響していると言われています。

これからは、過剰な濃厚接触を避ける人、つまりは貞操観念が発達している人が社会的評価を得るようになると思うわけです。

それはさておき、「佐々木希みたいな美女と結婚しておきながら不倫かよ!!」と憤る人は多いでしょうし、僕もそう思っているんですが、よくよく考えると、「美人の奥さんを持った人の方が浮気しやすい」とも言えるんじゃないかと思うんですよねえ。

そうだとは言いませんが、美人好きの男って、相手の性格やあ省よりは外見を重視して女性を選ぶ傾向があるわけだから、結婚してうまくいかなくなることが多いのは不思議じゃありません。

陣内智則も東出昌大も、自分より「格上」の女性と結婚して「格差婚」とか言われつつ、浮気しちゃいましたからねえ・・・

で、自分より「格上」の女性をつかまえたら、自分にも箔が付くので、以前よりも持てるはずなんですよねえ。
渡部建の不倫相手の女性からすると、「佐々木希と同格」みたいな自尊心も満足させることができるでしょうしねえ・・・

芸能人に限らず、「美人の方が結婚に成功する」というは当てはまらず、むしろ逆の方が多い気がします。

僕の以前の女友達に、美人のAさんと、ブスではないが平均レベルのBさんがいました。
2人は友達同士だったんですが、独自新時代はAさんの方が明らかにモテて、男からもチヤホヤされていて、BさんはAさんに嫉妬していました。

ところが、たまたまBさんは一流大学卒、一流企業勤務の年上のクソ真面目そうな男性に気に入られて、先に結婚しました。
夫婦関係はうまくいっているし、夫の海外赴任に付いて行ったりして、中産階級のマダム生活を満喫しています。

一方、美人のAさんも、それなりの地位の人と結婚して一子を設けたのですが、結婚生活は破綻して、いまはシングルマザーとして子供を育てています。
(夫が浮気をしたのかは知りませんが・・・)

別の美人の女性も、妊娠中に夫に逃げられて、やはりシングルマザーになってるんですけど、元夫は別の女の家に駆けこんで同棲していたそうです・・・

マリリンモンローやオードリーヘップバーンも結婚生活が破綻してますので、美人っていうのは結婚生活には向かないのかもしれないなあ・・・なんて思っています。

「自由に相手を選べる」、「多くの異性が寄ってくる」なんて状態は、別に幸せなことじゃないと思うんですよねえ。

渡部建や東出昌大を見ていて思うんですけど、性欲は押さえられないのはしょうがないにしても、不倫して妻と仕事を失うくらいなら、最初から結婚しなければいいんじゃないの?(あるいは、風俗でガマンすれば良いんじゃないの?)と思うんですが・・・

でも、これも自分の身に置き換えてみると、
「佐々木希が結婚してくれるって!? こんなチャンスは一生ないぞ!! この機会を逃すと一生後悔する!!」
と思うでしょうねえ。。。

見送っても結婚しても後悔するわけだから、どっちにしてもイバラの道なんですが・・・
「結婚して一人の相手で満足する」と言うのがベストなんでしょうけど、それはそれで不満が溜まる人たちでしょうから、やはりどうしようもないですね。

現代は、エロい男は生き辛い時代なのです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください