沖縄ナガンヌ島

山田孝之と真剣佑「美女密着デート」「美ら海クルーズ」“来県自粛”の沖縄でバカンス満喫

あらまあ! って感じですねえ。

沖縄県在住者にもいろいろ意見はあるんでしょうけど、僕は「褒められたものじゃないけど、大事にするほどのことでもないんじゃないの?」という感じです。

彼らの行程を見ていると、ちゃんと三密を避けて行動している感じはあります。

僕みたいな貧乏旅行者であれば、LCCで来て、ゆいレールで那覇市内に出て、ドミトリーの安宿に泊まり・・・となって、どうしても旅程で感染リスクを抱えてしまいます。

ところが、セレブの場合は、飛行機でも席を空けて取るでしょうし、空港に着いたら即自動車で移動するでしょう。
今回はヴィラに泊まっているわけですから、宿泊地でも三密になる可能性は薄いです。

デニーさん(県知事)は「沖縄に来ないで欲しい」とは言っていますが、実際のところは観光客が来なくなって経済が干上がってしまっています。

ホテルや飲食店にとっては、「(感染が広がらない程度の)少数の富裕層が来て、金をばらまいてくれるのはむしろ歓迎」という思いがあったとしてもムリはない。

まあ、同行者同士で濃厚接触している可能性は高いですけど、東京で感染して沖縄でウイルスをばらまく・・・みたいな感じにはなりにくいと思います。

まだ予断は許しませんけど、沖縄はすでに20日感染者ゼロで来てますので、ゴールデンウィークも、問題なく乗り切れたんじゃないかと思っています。

むしろ、東京で行動している方が感染リスクは高いはずです。

東京で感染したり、感染させたりするのはしょうがないけど、沖縄で同じことをやるのはダメ!

というロジックが成立するかどうかというと、ちょっとわからないですねえ・・・

死んじゃったのでバッシングはされてないですが、志村けんの感染ルートは気になるところだし、志村けんが他の人に感染させてないか?ということも気になります。
実際は、こっちの方が問題じゃないかとも思ったりしますよ。

ただ、多くの人にとっては、「俺が連休中も自宅で悶々と自粛生活してるのに、お前らは沖縄で遊び惚けやがって!」という思いがあると思います。

僕自身もそれは思います。

同行者のNiki(丹羽仁希)をネットで調べてみたら、水着姿のスタイル抜群の美女が出てきました。

こりゃ「ケシカラン!」と言いたくもなるわなあ・・・と思います。

ただ、冷静に考えると、自粛要請で強制力はないものなので、最終的に行くか行かないかは個人の判断となります。
「行く」という判断が問題なのであれば、法律で規制しろって話になると思うんですよ。

いまのご時世、人の行動は容易にトラッキングされてしまいますし、「不適切な行動」をすると、明るみにされてバッシングされる時代です。

そういう時代に軽率な行動を取るのは控えるべきだというのは、有名人の処世術としては大切だと思うので、「あーあ。やらかしちゃったなあ」、「もうちょっと気を付ければ良いのに」とは思いますけどね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください