サザエさん症候群

新型コロナウイルスショックが続きますが、その影響で内定取り消しが出たりもしていますね。

就職内定率過去最高も内定取り消し相次ぐ 新型ウイルス影響で

非正規雇用者の雇止めも出てきていますね・・・

新型コロナ拡大で休業、非正規にしわ寄せ 雇い止めも不安 支援不可欠

実は、この記事に出ている、「アジア系航空会社の地上職として勤務する女性」は僕の友達の友達だったりします。
僕の友達が、記者に紹介して取材が実現したんだとか・・・
(ちょっと関係がわかりにくいかもしれませんが)

社会に大きな変化が起きたとき、社会階層の入れ替わりが起こったり、格差が是正されたり・・・といったことが起きるということは、トマ・ピケティの『21世紀の資本』にも書かれています。

一方で、リーマンショックの時も、新型コロナの時もそうなんですけど、結局は一番被害を受けたのは弱者なんですよねえ。

合理的に考えると、無能な政治家や官僚を入れ替えたり、中高齢者の既得権益を奪ったりする方が日本社会にとってはメリットが大きいんでしょうけど、結局は非正規労働者や新卒の学生なんかが、職を失ってしまう・・・ということが起きています。

あとは、飲食店や観光業なんかも打撃を受けていますが、大手企業に勤めていれば、雇用と所得はある程度保障されます。

明日のわが身も分からない個人事業主が、一番苦労しているはずです。

後は、子供のいる家庭は、学校が休みになって、仕事と子育てを両立させるのが大変になっちゃってますね。

シングルマザーなんかはかなり大変でしょうね。

単身世帯や、既婚でも子なしの世帯はダメージも小さいと思います。

「弱者が余計に弱くなる」

それが、新型コロナウイルスが社会階層に及ぼす影響力なんでしょうかね・・・

なんだか、憂鬱になってきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください