老人

東出昌大の不倫が、思った以上にバッシングされていて、大変だなあ・・・と思います。

相手の唐田えりかも、かなりヒドいバッシングを受けてます。
不倫が始まった当時は、唐田えりかは未成年だったそうだし、こういうのって大体は男から誘惑するもんだから、唐田えりかをここまでバッシングするのってどうなんだろう?? と思うんですよね。
未成年で分別も十分じゃない時期に、イケメン俳優から言い寄られたら、ついフラっと行ってしまうのも、わからんでもないんですよねぇ。

クリントン元大統領とモニカ・ルインスキーの不倫スキャンダルの件が思い起こされるんです。
あの時、クリントンもバッシングされたけど、人気も高かったことや、政治の混乱を回避するためもあってか、大統領の座を追われることはなかった。

一方のモニカ・ルインスキーは「大統領を誘惑したビッチ」みたいな言われ方をして、アメリカに住めなくなってしまい、イギリスへの移住を余儀なくされました。

モニカ・ルインスキーは2015年にTEDでプレゼンされてますが、その内容が素晴らしいんですよね。

当時のメディアの報道とは全く異なり、聡明で魅力的な女性で、若気の至りで過ちを犯してしまった。
その相手がたまたま米国大統領だったために、異常なバッシングを受けてしまった。

不倫は悪いことだし、芸能人はイメージを毀損すると、メディアや広告主など、様々なところに影響を及ぼすので批判は免れないとは思いますが、ここまでバッシングするんかいな? と思ったりします。

行き過ぎたバッシングには、違和感を抱く人も出てきてますねぇ。

有吉弘行、らしさ全開!東出不倫報道に「ちょっと人が弱ると、急に悪口言うやつ出てくるから驚く」

有吉さん、良いこと仰います

blogosの「いいんちょ」さんの記事もなかなかです。

芸能人の不倫叩きは”アンフェア”だ

この「手のひら返し」はひどいなあ・・・と実際思います。

下記の記事なんか、東出、唐田の出演する番組の視聴率低下を不倫のせいにしていてすごいなあ・・・と思います。

東出3割減・唐田1割減 “不倫”ドラマ 視聴者の反応ここが違う

そもそも、ドラマの視聴率なんて、初回より2回目の方が落ちるのが普通のことだし、出演者だけできまるものでもないし、ましてや不倫騒動が起きたからといって、そんなに見ない人が増えるんかいな???
と思います。

記者がわかってないわけではないと思うので、アクセス狙い、販売部数増狙いの煽り記事だと思いますが。

今回の件だけでもないし、芸能人の件だけでもないですが、過度なバッシングや、過度なコンプライアンスは社会を衰退させると思うんですよね。

モラルが重要なのは事実だし、ネット、SNSがここまで普及した以上、コンプライアンスに反する行動は激しくバッシングを受けるのはやむを得ないところはあるんですが、一度過ちを犯したら、もう一生浮かび上がれない・・・というのはどうかと思うんですよね。

ベッキーなんて、不倫から4年経ったいまでも、なかなか仕事を得られない状況ですが、相手の川谷絵音は普通に活動してたりするんですよねぇ。
才能の違いだとか、俳優とミュージシャンの違いだとか、状況の違いはあるんでしょうが、クリントン、モニカ・ルインスキーみたいに、メディアに操作されている感もあって、なんかフェアではないとも思うんですよねぇ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください